経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

部下は上司を選べない。最初の上司がその後の人生を決める

投稿日:

●最初の上司が “当たり” だった幸運

人に対して、当たりとは少し良くない気もするが今から思えば「当たり」だった。

阪大現役

野村證券

三菱電機(最年少課長)

婿先の専務へ(ここに私が入社)

何という華麗な経歴…汗

同志社の私など逆立ちしても敵わない御仁だった。

新卒の私に、彼が施した最強の教育が「交換日記」ならぬ「交換業務日報」だった。

日々の仕事を終えて数字とともに日報を書く

専務の机の上に置いて帰る

翌朝専務からの赤ペンが入って私のデスクに置かれている。

私、読む(褒められるかな〜とか思いつつ)

ギャフン(お叱りのお言葉の数々)

代表取締役専務だったので、直接なにかを指導された記憶はなく、この交換日記での言葉の意味を必死で「解釈する」毎日だった。

●専務はどういう意味でこの言葉を語ったのか?

もともと人の顔色を伺う傾向がある私にとっては少なめの言葉の行間を読むことに長けており、結果、この指導法は私に「働くということ」の原体験となった。

残念ながら専務の義理の父である代表取締役社長が飛び降り自殺してしまい、会社は崩壊。

自然と専務との縁もここで切れた。

『君のキャリアにキズをつけてしまい、申し訳ない』

最後にそう言ってくれたが、どっこいこうして元気に私は生きている。

感謝しかない。

今の私は年齢的に当時の専務くらいになったけど、未だ持って「敵わんな〜」と思っていたりもする。

たぶん短期的には私が勝つだろうが、長期的に彼が勝つ気がする。

なんか真のエリートって王者感が半端ないんだよね〜。苦笑

この記事を読んで懐かしく思い出した。

「特別なことは何もしていないんです」両親から深い愛情を持って見守られた大谷翔平の幼少期

-日記

執筆者:

関連記事

no image

コンサルに「カリスマ性」は必要か?

こんにちは。NISHIです。 昨日は、 == 誰かにしか できなかったことを 誰にでも できるようにすることは 仕組み化であり 翻訳能力の1つだ == という話をしました。 職人的発想から商人的発想、 …

no image

ルール化という、コンサルの遊び。

こんにちは。NISHIです。 昔、F総研時代に 当時の社長がこんなことを 言っていました。 「後天的に身につけるのが  可能なものと難しいものがある。  難しいものの1つは、 【ルール化能力】である。 …

no image

まともな企画書を書くための3つの要点

こんにちは。NISHIです。 コンサルをしていてよく思うことが 「企画書を書けない人」って 案外が多いということ。 みなさん、意外と書けないんですね。 着想したアイデアの輪郭を明確にし、 ↓ 対象、ニ …

no image

チームメンバー、数の原則。

こんにちは。NISHIです。 連日、こちらのメルマガでは、 2:6:2の法則を始めとする 「人選の重要さ」について お伝えしております。 そりゃもちろん、 ビジネスモデルやノウハウが 時流を捉えたもの …

no image

ニブイ人につけるクスリはコレ

こんにちは。NISHIです。 コンサルをしようがしまいが、 目指そうが目指さまいが、 マーケッター視点は審美眼と同じで 身に着けるべきだし磨くべきです。 まぁ、自分を棚に上げるつもりも 全くありません …