経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

バカに出来ない、コンサルに必須の「この能力」。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

社内ベンチャーとか
社内起業とか言いますが、
うまくいっているところ、
一体どれくらいあるのでしょう?

たまたまこんな記事を
眺めていたんですがコレ、
結構実情を反映している
ような気がします。

http://grass-ex.jp/Lo30/13281

確かに、
社内起業ですと「親会社の出資」や、
ケースによっては「ツテやコネ」も
使えるのは確かですし、
その観点からしますと、
ゼロからの立上げよりは有利でしょう。

しかし、
パレートの法則よろしく、
世の中が2割と8割に
分かれるとするならば、
フットワークの軽い会社は2割。
失敗に寛容な文化の会社も2割。
あるいはそれ以下でしょう。

だって、この記事のケースって
かなりありがちだと思いますし、
だとすれば社内起業や新規事業って

相当無理ゲー
—————

だと思いません?

なぜなら、

==
まずは社内で承認を得る必要がある。

承認を得るためには、
決定権者、及び、
大多数の指示を得る必要がある。

指示を得るために、
場合によっては「数字を盛った」り、
場合によっては「決定権者にすり寄る」
ことも、
立ち居振る舞いやプレゼン資料、
事業計画書に織り込む必要も出てくる。

結果、本来の新規事業の可能性を
歪めてしまうことにもなり、

「盛った事業計画書」に
「煽られた決定権者と大多数」の
「ハードルを上げる」ことにも
なってしまう。

ようやく社内の承認を得たものの、
初期段階で少しでも思い通りに
事が進まないケースが出てくると、
オセロが全部ひっくり返ったかの
ごとく、手のひらを返される。

周囲のプレッシャーが強くなり、
本来の力も発揮できなくなる…
==

なんて結果が容易に想像つきます。

実際、この記事に記載されている
モデルケースも同じようなもの。

これが「ありがちなケース」に
なるのであれば、
社内で案を通すのも一苦労ですし、
案を通すのにも時間がかかりますし、
通ったかと思えば周りが敵になる…。
構造的に「無理ゲー」なのはもちろん、
フットワークも重すぎます。

記事にもありましたが、
事業発足まで1年かかるなんて…。
そりゃそれなりの準備が必要なことは
十分にわかりますが、
その準備の労力、
一体どこに使うのでしょう?

かの孫正義が、
自身の事業内容決定のために
「丸1年をリサーチにかけた」
こととは全く意味合いが違います。

だったら1人でビジネスを
スタートさせた方が…とは思いますが、
今日はそういったことを
お伝えしたいのではありません。

社内起業、新規事業の場合、
この記事にもあります通り、
ひとつのポイントは、

根回し
——

です。

この点においてコンサルは
社内起業や新規事業と同じでして、
時に社内の【しがらみ】の中に
入っていかなければならない。

魑魅魍魎のしがらみの中に入り、
事がうまく進むよう、
パワーバランスの調整を
行っていかなければならない。
コントロールしてかないといけない。

コンサルはココが腕の見せ所で、
自分自身は即効的に効果成果をあげ、
トップの信頼を得ながらも、
既存の「足を引っ張る旧勢力」を
確実に見極め、特定し、
そのマイナス勢力が
自然にフェードアウトするように
工作していく。

そんなドライな根回しも、
必要になる場面が多々あります。

社内起業や新規事業における
社内での根回しも大変ですが、
コンサルの根回しも中々面倒。

と、いうことは、
普段の仕事や人間関係における
根回しなら、相当ラクなはず。
そこから練習していけばいい。

実はコンサルには、
この「根回し力」って
「表に見えないが大事な事」なんです。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


  1. An impressive share! I’ve just forwarded this onto a co-worker who had been conducting a little homework
    on this. And he actually bought me lunch because I found it for him…
    lol. So allow me to reword this…. Thank YOU for the meal!!
    But yeah, thanx for spending time to discuss this issue here on your web site.

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

採用が難しい時代だからこそ身につけるべき能力とは?

こんにちは。NISHIです。 ホント、人来ませんよね。 いや、お客さんではなく、 採用で人が、です。 業種的に不人気寄りの 業種ならなおのこと。 「誰かいません?」 的な話には毎度なります。 普段、社 …

no image

【書評】「トヨタで学んだ自分を変える時短術」を読んでみた。

こんにちは。NISHIです。 今日はコチラの本の書評を。 == 書籍名:トヨタで学んだ自分を変える時短術 著者名:原マサヒコ 出版社:かんき出版 == 昨日の話、 ひとつの側面から見れば 「時短」の話 …

no image

生死を分けるキックオフミーティング。

こんにちは。NISHIです。 今日はコンサルとして 【非常に神経を使う場面】 についてお伝えしてみます。 コンサルという職業に対する 臨場感が少しでも伝われば、 と思いますね。 醍醐味の一つでもありま …

no image

クライアントのスケジュール管理のコツ。

こんにちは。NISHIです。 このメルマガでは何度か 「コンサルタントの価値」 についてお伝えしています。 それは、 ・コンサルという仕事は何か? ・コンサルの価値とは何か? ・何を身につければいいの …

no image

超縮小産業で成長する3つのポイント(その3)

こんにちは。NISHIです。 ここ2日続いています 超縮小産業でも成長するための 3つのポイント。その3つとは、 == 1.しがらみを無視する力 2.どろ縄式の展開 3.時流を付加する == で。元ネ …