経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

店舗系業績アップ、超基本の「鉄板ワザ」

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

今日は超ライトな
コンサルノウハウについて
なんですけど、その前にコレ。

http://grass-ex.jp/Lo30/13261

現地でしっかり
商品数をカウントする。

検索すればある程度の情報は
集まってしまう現代ですから、
出来るだけ1次情報に触れる
習慣は意外と大事なのです。

この見た、見ていないが、
このやった、やっていないが、
説得力に大きな差をもたらすもの。
それだけ1次情報の持つ力は
侮れないと思った方がいいです。

それにしても、
歯磨き粉の数のカウントなんて
ものすごく楽なんですよね。
誰にも怒られませんし、
単に数えるだけですから。

それに比べて、
難易度の高いのはメガネ店や宝石店。
この辺が最上ランクでしょうね。
だって、店員が目の前にいるのに
そのショーケースの商品1つ1つの
商品名、型番、価格、数量を…
余談はこのあたりにしておきましょう。


この記事によりますと、
「歯磨き粉多すぎ!それ誰得?」
みたいな記事だと思いますが、
記事中には一応アンケートも
ありまして、

==
先に実施したアンケート調査では、
日々購入する生活必需品について、
消費者の約7割が

「選択肢は5種類以下でいい」

と回答していた。
==

ということで、
やっぱり90種類や100種類もあると
そりゃ多いぜっ!という結論ですが、
それはその通りだと思います。

アンケートって
全くと言っていいほど、
あてにはなりませんが、
これは感覚的にも正しいでしょう。

それに、船井流でいいますと
数字には1、3、5、7という
分岐点の数字というものがあり、
人間がひとかたまりとして
認識できる数字は「7が限界」
ということだそうです。

ま、ともかく、
商品数が多すぎるのは確かで、
これじゃ選びにくいのも確か。

有名な格言がありますよね。

「混乱した脳はNOという」と。

これはまさに「真」なのです。


そこで、
【店舗業績アップ策の鉄板】が
ありまして、
これは商品数がどうしても
多くなりがちな小売業態や、
気づけばメニュー数が増えていた
飲食店などには特に有効なんです。

それは、
【ランキング表示】と
【迷ったらコレ】の2つ。

いかがです?
バカみたいな話でしょう?
でも、有効なんですよ。

もちろん、
この2つ以前に「レビュー」は
大事ですよ。
商品価値を顧客の声を通じて
しっかり伝えることは、
何よりの購買の決め手になります。

ただ、
その前にシャットアウトされては
元も子もない。

もう一度言いますよ。

「混乱した脳はNOという」

のです。

ランキングにすることで、
売れ筋を教えて差し上げる。

迷ったらコレと表示することで、
選択のわずらわしさを解消して
差し上げる。

意外に基本的な手ですが、
「混乱した脳はNOという」の
原則を忘れている人は多いかと。

シャットアウトされては、
それまでの工夫も努力も水の泡。
だからこそ、
この単純な方法が意外に効くのです。

いや、この方法こそが、
「迷ったらコレ」のノウハウ
なのではないでしょうか。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

分析ツールを使う人、使われる人。

こんにちは。NISHIです。 打ち合わせ前の待ち時間。 ちょっとメールでも返信しようかと スタバでパチパチしていると まわりの会話が気になります。 気になりだしたら 仕事のスピードは10分の1。 それ …

no image

コミュニティを変えてもうまくいかない理由

こんにちは。NISHIです。 この手の話題も 昔からずーっとありますよね。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/1401 私の世代では「学級崩壊」やら そんな言葉が使われていたような …

no image

【書評】「間違いだらけのビジネス戦略」を読んでみた。

こんにちは。NISHIです。 お正月、いかがお過ごしですか? ゆっくり過ごす時間と ダラダラ過ごす時間は雲泥の差。 ゆっくり過ごすのに最適なのは やっぱり読書ですよね。 こんな時こそ仕事に関係ない本を …

no image

周りからプロに見られやすい1つのカギ

こんにちは。NISHIです。 先日からの話で、 レポートや報告書を書く際、 「意識しておくべき項目がある」と、 お伝えしましたよね。 伝えることでのストレスをなくし、 伝えられる側もストレスをなくす。 …

no image

【書評】「ビジネスマンのための読解力養成講座」をよんでみた。

こんにちは。NISHIです。 今日は日曜日ですから、 久々に書評でも。此方です。 == 書籍名: ビジネスマンのための 読書力養成講座 著者:小宮一慶氏 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン = …