経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

旬を逃すクライアントを阻止せよ。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

こういうチャレンジングな
取り組みって、
チャレンジングであること
そのものがいいと思います。

http://grass-ex.jp/Lo30/13231

画像を見る限りでは
ものすごーーーーく
目が疲れそうですが、
それは慣れの問題かなとも思いますし、
書店を半歩以上ズラした
空間にはできますから、
提供できる体験も価値も
全く違うモノができるように思います。
ま、想像ですけどね。


で、このアプリって
書店のPOPのあり方と
使い方をガラッと変えて
いるわけですが、その発端は
こんな思いからのようです。

==
多くの書店で、古いPOPは
捨てられてしまうそうなんです。

書店員さんがあれだけ
力を入れて書いているのに、
1回掲示しただけで
捨ててしまうのは
もったいないですよね。

データベース化すれば
過去のPOPも再利用できるのに
==

これですね、
気持ちはわからんでもないですが、
ちょっと違うよなとも思うんです。

POPや看板、
あとは定番のチラシもそうですが、
あくまで目的はお客による購買に
つなげることであって、
そのために「注意すべきこと」も
あります。それは、

風景化させないこと
———————

です。

人間は「慣れの動物」です。
同じ行為を続けると慣れてきます。
最初はインパクトがあれども、
その刺激にも次第に慣れてきます。

POPや看板や定番チラシ。
これらはすべてそう。
放っておくと風景化しやすいのです。
すぐに「見慣れて」しまうのです。

故に、POPや看板や定番チラシといった
「あまり抜本的に変わらない類のモノ」は
それぞれに【旬の期間】があるのです。

その旬の期間とは、
ファーストインパクトで売る期間と、
存在を無意識的に刷り込める期間まで。
そんなところでしょう。

特にチラシですと、
配布枚数から反響数まで
キッチリと数字で拾えますから、
その推移を見ていると顕著です。

たとえ
当たりチラシが出来たとしても、
あるタイミングを境に
ぴゅーーーーーっと落ちていく。

内容の変え時と変え方は
なかなか難しいのですが、
私の経験上、
筋の悪いクライアントですと
そのタイミングを半歩以上遅く
見積もってしまいがちですので、
注意が必要です。

そのタイミング、
なぜ半歩以上遅くなるのかというと、
変えるのが怖いのもあるでしょうし、
何より、

その効果がずっと続くと錯覚している
———————————————

からです。これが一番大きい。
すでに茹で上がっている蛙なんです。

販促の基本中の基本ですが、
販促物には【旬がある】ことは
忘れてはいけないように思います。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


  1. Johnc479 より:

    Some genuinely great information, Glad I discovered this. Good teaching is onefourth preparation and threefourths theater. by Gail. acadegdakfde

  2. Smitha500 より:

    I really like your writing style, good information, thankyou for posting D. eadadkcbgggcbgff

  3. Johnd679 より:

    Would you be taken with exchanging links? ddkcdkkgaebb

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

失敗事例では、これを見る。

こんにちは。NISHIです。 確か先日のメルマガで、 故舩井幸雄の格言、 「コンサルの成功確率を  高めたいなら、  成功する企業、社長とだけ  つきあいなさい」 というものをご紹介した ような記憶が …

no image

「サマリー化能力」は身につけるべし。

こんにちは。NISHIです。 昨日は書評ということで、 「アメリカの大学生が 学んでいる伝え方の教科書」 → http://grass-ex.jp/Lo30/12311 というプレゼンの基本的な本を …

no image

社長の価値観に迫る質問を用意すべし。

こんにちは。NISHIです。 昨日は、 「社長の本棚を見よ。  さすれば社長の癖がわかる。  社長の癖がわかれば、  提案の内容も180度変わる」 というお話をしたかと思います。 それだけ本棚って癖と …

no image

大福帳を育てる。

こんにちは。NISHIです。 昨日の「海外販路開拓セミナー」でも お話ししていたことなのですが、 自社の、そしてご自身の 「大福帳」って、おろそかにしていないです? ご存知の通りNISHIは呉服業界の …

no image

即席でちゃんとしたコンサルになる方法

こんにちは。NISHIです。 昨日のメルマガを見返していると ふと「こんなこと」を思いました。 「あれ??難しかったかな?」と。 昨日お話しした「ルール化」って 基本的に誰でも出来ることで、 コンサル …