経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

周りからプロに見られやすい1つのカギ

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

先日からの話で、
レポートや報告書を書く際、
「意識しておくべき項目がある」と、
お伝えしましたよね。

伝えることでのストレスをなくし、
伝えられる側もストレスをなくす。
そのためには伝える側の工夫が必要で、
その工夫は仕事力に直結する。

ですから、
先日のご紹介したリンク先の記事は、
あくまで出版された本のPR記事で
しかないわけですが、
項目としては簡潔に必要十分なものが
まとまっているということ。
この点が役立つのでご紹介したんですね。

で、こういう
「簡潔にまとめられた必要十分なもの」は
【チェックリスト化するといい】んです。

以前にもこのメルマガで
触れたことがあると思いますが、
チェックリストって使えるんですよ。
騙されたと思って作ってみてください。
特に仕事でのチェックリストを、です。
その理由を今日はお伝えしますね。


突然ですが、
富士山って登ったことあります?

私も経験はないんですけど、
話を聞くところによりますと
何も地上から登らなければならない、
というわけではないようですね。

確か、5号目か7号目か、
途中から登ることができるはず、

これ、
登山に慣れている方からすると
「邪道極まりない登山方法」
かもしれませんが、
体力面で不安のある方で、かつ、
「富士山にどうしても登りたい」
という方にとっては、
福音以外の何物でもないでしょう。
非常にありがたい選択肢なはず。

実は、
チェックリストってこれと全く同じ。
富士山の5合目なり7合目から
登ることと全く同じことなんです。

確かに、爽快感や達成感は、
地上から登ることと比べれば
劣るのかもしれません。
実際、比べれば劣るのは事実でしょう。

しかし、
結果は【同じ】で【ラク】なんです。
5号目、7合目から登ることも、
チェックリストを使うことも。

知人やご友人にコンサルがいる方、
コンサルで「すごいな」と思う人が
パッとすぐに思い浮かぶ方でしたら、
きっとその方に対して
このような印象をお持ちになるかと
思います。

「頭の回転、速いよね」と。

確かに、
コンサルには本当に頭のいい方も
多数いらっしゃいます。

ただ、
実際のところ、そうでもない人も
多いんですよ。

より正確に言いますと、
先天的には頭はよろしくないものの。
後天的に思考能力を身につけることで
頭の回転が速いように見える、
といったところでしょうか。

ここの「速く見える」のがミソで、
そのバックグラウンドにあるのは
「チェックリスト」だったりします。

それが
意識的にせよ無意識的にせよ、
チェックリストを使っている。

チェックリストを使うことで、
一から考えなくてもいい部分を
ショートカットする。
オートでアプリが勝手に自動で
更新されている感じでしょうか。
自動で動いているんですよ。
そこで判断をしている。

だから、
素人が富士山を地上から登ろうと
意気込んでいる時にはすでに、
頭の回転が速く見えるコンサルは
5合目、7合目からスタートしている
可能性が高いわけです。

故に、ご自身の仕事において
チェックリストをつくり、
それが無意識的に体になじんだ時、
そのオート機能は発動し、
思考速度は相当速くなったように
周りからは見えます。

つまり、
プロとして認知されやすくなるのです。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


  1. I like the helpful info you provide in your articles. I’ll bookmark your blog and check again here regularly.
    I’m quite sure I’ll learn plenty of new stuff
    right here! Good luck for the next!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

社長の「打算的選択」をフォローしよう。

こんにちは。NISHIです。 このメルマガでも何度も お伝えしていますが、 コンサルとして 押さえておいた方がいいのは こういった【企業事例】です。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30 …

no image

短期間で高品質の資料を大量作成し、同時に思考力も高める方法。

こんにちは。NISHIです。 その昔、誰かから言われたことに こんな言葉がありまして、 「F総研さんの若手って、  20代であれだけの資料を作れるって  かなりすごいことですよ」 「あれだけの資料」と …

no image

企画書作成「+αの2つの視点」とは?

こんにちは。NISHIです。 昨日のメルマガでは ・企画書を書ける人って案外少ない ・しかし、書くにはコツがある ・3つの要点を押さえれば基本OK という企画書ネタをお届けしました。 今日はせっかくな …

no image

「10倍差がつく伝え方」とは?

こんにちは。NISHIです。 昨日から ・業績アップのポイントを押さえること ・それを現場に即した形で落とし込むこと について2日連続でお伝えしていますが、 今日は2日目で2つ目のポイント、 「業績ア …

no image

デッドスペース活用ってそもそもズレている?

こんにちは。NISHIです。 ビジネスケーススタディとして もはや定番なこの企業、ご存知です? ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/1781 顧客管理とリストのセグメントや 地域密着の …