経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

報告書作りでマストの「3つのツボ」

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

たまには「スキル系の話」でも
してみましょうか。
ちょうどいい題材を
たまたま見つけましたので。
こちらです。

http://grass-ex.jp/Lo30/13141

このリンク先の記事、
ただの本のPRですから、
取り立てて特別にどうって
いうほどではないのですが、
よくまとまってはいます。
そこがよい点。

コンサル業界では、
中~大型のプロジェクト案件って
あるんですよね。

もちろん、
小型のプロジェクトにおいても、
リサーチや分析、および提案も
入ってくる場合はありますから、
その際はレポートなり報告書なりの
提出はセットでついてきます。

加えてこれも当然ですが、
報告の際にはレポートや報告書を
提出して終わり、ではなく、
報告会という形で、結果を顧客に
直接説明する機会をもたなければ
伝わることも実行されることも
ありません。

つまり、
規模の大小にかかわらず、
リサーチや分析がからむ
プロジェクト案件では、

その結果を
レポートなり報告書なりを用い、
それをもとに直接顧客に報告する
機会を持つわけですが、

目的はあくまで、
顧客が理解納得し、行動に移すこと。
そして、適切な結果を出すことです。

と、いうことは、
レポートや報告書自体も、
それを用いての説明自体も、

ツボを押さえた構成
————————

にしなければなりません。

その「ツボ」を押さえるために
有効なのが、
先ほどのリンク先の10の項目。

ポイントとしては
よくまとまっていますので、

この10の項目を
「ツボ」として押さえ、
チェックリスト化して活用すれば
レポートや報告書の精度が
上がるのは間違いないでしょう。


で、この「ツボ」の中で
特に大事な項目をピックアップ
するとすれば、以下の3つかと。

引用します。

==

1.主張すべき論点を絞る

2.知っている情報を
すべては盛り込まない

6.見解と事実は分ける

==

特にこの3つかと思います。

で、これ、さすがに1番は大事。
複数項目がある中で、
トップバッターに持ってくるには
やはりそれなりの理由があります。

F総研時代でも
先輩コンサルや上司によく言われたのは、

「一言で言うと?」
——————–

という質問。

何かの結論であったり、
業績アップのポイントであったり、
一言にまとめる能力って必須。

顧客に伝わり、
顧客に理解納得してもらい、
顧客に行動に移してもらうには
明快で説得力のある結論が必須。

当然、
伝えたいことを細目まで漏れなく
伝えようとすれば言葉は増えて当然。
言葉を減らし、絞り込むことは
枝葉を切り捨てる作業でもあります。

この枝葉を切り捨てて、
大事なコアの部分にまで絞り込むことが
伝わりやすさにはマストなんですよね。

故に、
伝わらない時って高い確率で、
自分の中でも伝えたいことが
整理されていない、
絞り込まれていない時。

相手を動かすにはまず、
主張すべき論点を
明確にすることが第一事項です。

そのためには、
「一言で言うと?」と
自問を繰り返すことがスタートかと
思います。

おそらく、
レポートや報告書づくりって
ここが出来ていれば8割完了と
いってもいいかもしれません。

あ、ポイントは残り2つありました。
後の項目については
別途、お伝えしましょうかね。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ピンチに強い経営者の1つの特徴。

こんにちは。NISHIです。 ちょっとこちら。 何気に良記事だと思います。 内容は簡単。見てみてください。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/13171 読んでいただけました? それ …

no image

ナチュラルなリマインドを設計せよ。

こんにちは。NISHIです。 先日、年があらたまってから はじめての新幹線移動でした。 その際の小話から。 ▼ 新大阪を出発し、京都、名古屋を過ぎ、 浜松あたりに差しかかかったあたりまで いくつかのク …

no image

顧客を「縮小再生産の成果」にしないために。

こんにちは。NISHIです。 昨日は大手企業のビジネスモデルと、 コンサルさんの現状分析及び考察から 基本のキである 損益計算書の超簡単なチェック方法、 および、指標としての経費構造の 適性数値設定の …

no image

コンサル前のルーティンは●●をすべし。

こんにちは。NISHIです。 こちらの記事を眺めていて ばーーっと思い浮かんだといいますか、 思い出したことがいくつかありますので、 今日はそれをお伝えしますね。 もちろん、コンサルについて、ですよ。 …

no image

超縮小産業で成長する3つのポイント。

こんにちは。NISHIです。 この社長、すごいですね。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/12941 中々良記事だと思っていまして、 記事を読むだけでも かなり参考になるのではと思い …