経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

コンサルは「この魔法」をかけなさい。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

昨日に引き続き、
スポーツ系記事からの引用ですが、
この記事には【ある重要ポイント】が
埋め込まれています。

もちろん、
【コンサルとしての重要ポイント】です。
コチラ。

http://grass-ex.jp/Lo30/13071

まず、ちょっと読んでみてくださいね。
ひとつ、重要なポイントがあります。
最初から私の答えを言っても仕方ないので、
仮説を立ててみてくださいね。


ちょっと想像してみてください。
コンサルティングにおいて、
クライアントが相談に来る時って
どんな時でしょう?

基本的には困った時だったり、
何かの選択や決断に迷いがある時
だったりしますよね。

その時に大事なポイントは
何だと思われますか?

正直申しますと、昔、私自身も
ここのポイントを取り違えていた
ことがあります。

どう取り違えていたのか?

クライアントの相談に対して、
的確に、正確に、最善の手を
伝えようとしていたのです。

これ、取り違えています。
でも、間違いではないんです。

的確で、正確で、最善の手を伝え、
実行して望む成果を出していただく事は
コンサルとしては必須です。

では、何を取り違えてるのか?

順番が違うのです。
———————-

ここでちょっと記事に戻りましょう。
ポイントは【この部分】です。

==

チーム始動日のミーティングで、
杉本さんが選手たちの前で
指導方針の話をしたのですが、
僕はその内容に衝撃を受けました。

それまでまったく
聞いたことのない走り方の理論で、
これで自分は変われると
確信が持てたからです。

そのミーティング直後、
僕は杉本さんを呼び止め、

「僕、足が速くなりたいんです」

と思いの丈をぶつけました。

それを聞いた杉本さんは
迷いなく「なれるよ」と言ってくれた、

その瞬間、
自分の視界がパッと明るくなりました。
これで自分のコンプレックスを
払拭できるかもしれない――。

==

ここです。
ポイント、わかります?

まず、その気にさせること。
まず、確信させること。

私は、必ず、変われる。
私は、必ず、悩みを解消できる。

かの故舩井幸雄も、
「迷ったらやめろ」と言います。

それだけ、
自らの手に「確信が持てるかどうか」は、
施策云々の前の大前提として必要必須の
要素になってくるのです。

理論やノウハウを伝えることで、
「変われる」と思わせる。
「変われます」と一言で言いきる。

もし、相手が
「変われない」と思っていたら、
「そんなの無理だ」と思っていたら、
すべての施策は無力と化してしまう。

必ず、変われる。
必ず、うまくいく。

この「確信の魔法をかけること」が、
的確に、正確に、最善の手を伝える
ことよりも先に必要なのです。

ノウハウをゴミにするのか、
それとも宝にするのか。

それは事前のあなたの仕込み次第
といっても過言ではありません。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【書評】「好奇心のチカラ」を読んでみた。

こんにちは。NISHIです。 今日は書評です。 == 書籍:好奇心のチカラ 著者:ブライアン・グレイザー、    チャールズ・フィッシュマン 翻訳:府川由美恵 出版社:KADOKAWA → http: …

no image

本を読むことよりはるかに大事なこと。

こんにちは。NISHIです。 今日はコチラの記事から。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/11891 「大学生の半数は全く読書をしない」 のカラクリ ですから、 内容も予想通りと言え …

no image

楽しい経営分析入門

こんにちは。NISHIです。 コンサルメニューの中でも 経験上「人気ないよね」と 個人的に思うものがありまして、 それは、 「経営分析」をはじめとする 分析系のメニュー。 大抵の場合、分析だけで お金 …

no image

コンサル先の業績の明暗を分ける●●スキル。

こんにちは。NISHIです。 朝送るはずが忘れていましたm(_ _)m さて、 「俯瞰」という言葉があります。 「俯瞰」を検索してみると、 == 高い所から 見下ろし眺めること。 鳥瞰。 == といっ …

no image

「商品+●●の要素」で、会社が好循環に入る。

こんにちは。NISHIです。 先日、知人との会話がきっかけで ふと思い出したことですが、 【月次支援】 って、 非常によくできた商品であり、 発明品だと改めて思います。 月次支援とは、 F総研用語かも …