経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

超縮小産業で成長する3つのポイント(その3)

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

ここ2日続いています
超縮小産業でも成長するための
3つのポイント。その3つとは、

==
1.しがらみを無視する力
2.どろ縄式の展開
3.時流を付加する
==

で。元ネタの記事はこちらですね。

http://grass-ex.jp/Lo30/12961

1つ目の
「しがらみを無視する力」は
日本的なムラ社会にありがちな
同調圧力や足の引っ張り合いから
勇気を持って抜け出すこと。

もちろん、
ムラ社会的しがらみをうまく
利用して儲けるのも1つの手。

ただ、
それって利用しているようで
絡めとられているだけですが。

2つ目は「どろ縄式」。
志や方針や戦略はあってよし。

ただし、現在地点で考えても、
現在地点の延長線上のモノしか
出てくるものはない。

だからこそ、
志や方針や戦略は据え置きながら、
手を動かし足を動かし、
次のきっかけを掴みにかかる。
すると、見える可能性の範囲が
遠くまで広がるわけですね。

故に、「まず動け」は真なりです。


で、
3つ目は「時流を付加する」です。

ここまでで十分ご理解の通り、
そろばんメーカーのみならず
そろばん産業って
縮小アンド縮小の世界ですよね。

そろばんを作る

そろばんを売る

だけじゃやっぱりダメ。
いや、基本はコレなんですよ。
作って、売る。このフロー。
これには変わりはありません。

合格祈願系商品の波に乗ったり
ハローキティをコラボしたり
海外に活路を見出したり…

2つ目の「どろ縄式」から
当初予測もしていなかっただろう
分野に進出している。

それも「単独でない」のが
ひとつ大事なポイントかと。

つまり、
トレンドモノに乗っかる。
中長期的時流に乗っかる。

自分1人の力ではなく、
他人の力を借りる、付加する。
特に短期トレンドや中長期も
含めた広い意味での時流を付加する。

これですね。
単にそろばんを作って売る。
それだけだと、
小さくて絶対に広がらない穴を
無理やりこじ開けるような感覚。
どうしても無理があるし厳しい。
負け戦を延々と続けるようなもの。

故に時流を付加し、
自社商品が輝ける場所に移行する、
輝ける場所を【創る】ことが
必要になってくるのです。

繰り返しますが、
超縮小産業でも成長することって、
周りがよほど工夫していないのも
ありますが、
何より成長する企業そのものの
勇気と工夫の集積がそれを実現
させているわけです。

そのポイントを集約すると、

==
1.しがらみを無視する力
2.どろ縄式の展開
3.時流を付加する
==

の3つになるかと。
サンプルケースとして
良い記事かと思います。
ご参考まで。

元ネタ記事は再度、
貼り付けておきますね。

http://grass-ex.jp/Lo30/22961

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

●●性が強すぎるモノは、売れない。

こんにちは。NISHIです。 昨日は、 === 社長の勝率の低い思い付きは 断固阻止すべし。 そのためには、 新規と既存の市場を一軸に、 もう一軸を新規と既存の商品で 切ったマトリクス、 「アンゾフの …

no image

クライアントの商品も「分割」して「累計」にせよ。

こんにちは。NISHIです。 今、大阪の東海道本線にて 移動しながらこの原稿を書いています。 すると、こんな車内看板が目に入ります。 「人生はワンチャンスシリーズ、  累計190万部突破」 最近、電車 …

no image

コンサル仕事の「さじ加減」

こんにちは。NISHIです。 何事も「さじ加減」があるように、 コンサルのお仕事にもあるわけです。 いいさじ加減というものが。 今日はその 「コンサルの仕事のさじ加減」 についてお話ししましょう。 こ …

no image

コンサルで●●を持ち帰ってはいけない。

こんにちは。NISHIです。 昨日のメルマガでは、 「サマリー化」を、 報告会の場面だったり、 ビジネス設計の場面等での 「ポイント」だということを お伝えしましたよね。 要約して一文にまとめる力。 …

no image

広告チェックの際に注意すべき「必須の一項目」とは?

こんにちは。NISHIです。 今日は東京マラソンでした。 たまたま同日に出張が重なった 友人に話を聞いてみると、 やはり「少しばかりは様子が違う」 ものなんですね。いつもの東京とは。 いつもより空港に …