経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

【書評】「あのGoogleが社内でやっている神速仕事術57」を読んでみた。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

今日は一般的なビジネススキル、
ということで、
こちらの書評といきましょう。

==
書籍:
あのGoogleが社内でやっている
神速仕事術57

→ http://grass-ex.jp/Lo30/12801

著者:
ピョートル・フェリークス・
グジバチ

出版社:
SBクリエイティブ
==

著者はGoogleにて
アジアパシフィック地域の人材開発、
グローバルな人材教育戦略に
携わった人物だそうで、
まぁそりゃ仕事は速いでしょうし、
速くなりますよね。

そんなスキル的な一冊ですが、
仕事を速くする最も有効な方法は、

仕事が速い人をよく観察すること
——————————————-

です。

その点でも、
「誰」の「どの部分」を「観察」し、
「真似」して「取り入れる」のか。
その対象として参考になる部分も
人によっては多いのではないかと。
Googleは常に現状の10倍の成果を
求められるらしいですからね。

そこで今日は1つだけ、
要点をピックアップしますが、
コレをピックアップしましょう。
それは、

余計なことに頭のリソースを使わない
———————————————–

ということです。

例えばこの書籍内では、
「よそ見をしない仕組み」を
数多く取り入れているそうで、
その例として

「無料のビュッフェ形式の
カフェ施設」

が挙げられていますが、
これは有名なやつですよね。

ランチの際に
店探しという「よそ見」を
しない「仕組み」ですが、

普段、
お店探しに時間をかけたり
行列にわざわざ並んだりする
ビジネスマンや上司って
周りにもいますよね?
で、そういう人に限って
無能確率は割と高い。

そう、
当たり前のことなんですけど、
日常のビジネスシーンではよく
成果に対して必要なことと
本当は必要でないことの
見分けがついていないケース、
非常に多いと思います。

仕事のショートカットに
魔法の杖があるわけではなく、
割と細かい小さなTipsの
積み重ねだったりする。
特別奇をてらったものもない。

そこで、
細かいTipsを積み重ねるにも
ただ積み重ねれば何でもいい
わけでは当然なく、
コツと言うか基準があります。

その重要な基準の1つが、
【余計なことに頭のリソースを使わない】
ということです。

あのジョブズが毎日、
全く同じ服しか着ていなかった
というのも同じ理屈です。

一般のビジネスマンは特に、
無駄な時間を過ごしているだけでなく、
無駄な思考のエネルギーを割いている、
それも「相当に」、という事実を
直視しなければいけません。

それが、
「仕事が速い人をよく観察すること」
の意味であり、
そのサンプルが収集できる書籍から
マネていくことなのです。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

遊びながらコンサル思考が身につく「問いかけ」とは?

こんにちは。NISHIです。 これ見ていると「懐かしいな~」って 思います。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/1561 30代中盤あたりはドンピシャの 世代なのではないでしょうか? …

no image

ゼロからコンサルビジネスを発想する「王道の方法」。

こんにちは。NISHIです。 コンサルの商品のつくり方ですが、 どんな風にやるかってご存知です? たとえば、ですが、 大筋こんな流れのやり方もあります。 == 市場規模がそれなりにあり、 上りトレンド …

no image

プライオリティとバランス。

こんにちは。NISHIです。 「プライオリティ」とは 優先順位の意味ですが、 ニュースや企業事例を見る際、 何にプライオリティを置いているか ————& …

no image

コンサルは「この魔法」をかけなさい。

こんにちは。NISHIです。 昨日に引き続き、 スポーツ系記事からの引用ですが、 この記事には【ある重要ポイント】が 埋め込まれています。 もちろん、 【コンサルとしての重要ポイント】です。 コチラ。 …

no image

コンサル提案は「ハイリスクorローリスク?」

こんにちは。NISHIです。 コンサルとして クライアントへの提案の際には、 複数の可能性を同時に推測し、 ベストと想定される策を提示する。 当然のことですよね。 いくつかの策が浮かべど、 策によって …