経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

「3桁把握」で自らを「省エネ化」せよ。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

昨日はカーブスの記事を
取り上げてのメルマガでしたが、
そこからコンサルとしての

【思考トレーニング方法の基本】

を1つ思い出しましたので、
今日はそれをご紹介しようかと。
訓練法としては基本的ですが、
意外とかなり使えると思いますよ。


昨日は
全体の売上を店舗数で割り、
単店当りの売上にならして考える、
という方法をとりましたが、
ビジネスシーンで数字を
捉える時に大事なことは

あいまいさ
————–

なんですよね。
意外かもしれませんが。

もちろん、
「あいまい」といっても
「不正確に」という意味では
決してありません。

1桁の単位まで細かく
数字を把握する必要はなく、
だいたい、でいいということ。

もう少しだけ具体的に
言いますと、

3桁
—–

で捉えればいいのです。

思い出してみてください。
昨日も売上高を捉えるのに
3桁で捉えていましたよね?
それで十分。
細かく捉えることに
執着する必要はないのです。

3桁で捉える癖をつけると、
数字の把握自体がしやすく
なるのはもちろんですが、
もう1つ、よい効果があります。

それは「省エネ」です。
————————–

コンサルでも
一般のビジネスパーソンでも
案件が重なってくると、
それだけ思考も身体も
負担が多くなります。

と、いうことは工夫が必要で、
使わなくていい脳メモリを
使わないようにし、
使うべきところに脳メモリを
使うようにする。

この発想が必要になりますし、
そうしないと多くの案件を
こなしていくことは難しい。

古くからの古典的な
中小企業向けコンサルですと、
毎月毎月顧客を1件1件まわり、
経営者と1対1の真剣勝負を
繰り返します。

それと同時にコンサル自身の
個人粗利アップは必須ですから、
案件は増やしていく必要がある。

と、なりますと、
この方法のままでは
稼働時間をMAXまで高める方向に
どうしても行ってしまいがち。

時間的限界もすぐに来ますから、
仕入の時間も中々確保できず、
賞味期限は目減りする一方。

それに、何より
心身の疲労の蓄積は相当なもの。
年齢の経過とともにつぶれる
コンサルが多いのも納得できます。

と、なりますと、
自ら崖に行進するのではなく、
自らの身を自ら守る必要がある。

その方法が、
「ビジネスモデルを変えること」と
「思考と身体の省エネ化」の2つに
なるのです。

特に、
一般的ビジネスパーソンの場合、
自らのビジネスモデルの変更は
難しいでしょうから、
せめて思考と身体の省エネ化には
取り組むことは必須ではないかと。

そのためにも
まず、「3桁で捉える癖づけ」は
思考トレーニング方法としても、
自らの省エネ化に対しても、
有効な手段ではないかと思います。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


  1. magnificent publish, very informative. I ponder why the opposite experts of this sector do
    not understand this. You must proceed your writing.
    I am confident, you’ve a great readers’ base already!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

リピート化、固定客化の目安の「法則もどき」。

こんにちは。NISHIです。 こちら。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/12141 この手の商品、 私の世代ですと懐かしいのは ビックリマンでしょうかね? 当時は「箱買い」なんて …

no image

【書評】「間違いだらけのビジネス戦略」を読んでみた。

こんにちは。NISHIです。 お正月、いかがお過ごしですか? ゆっくり過ごす時間と ダラダラ過ごす時間は雲泥の差。 ゆっくり過ごすのに最適なのは やっぱり読書ですよね。 こんな時こそ仕事に関係ない本を …

no image

分析ツールを使う人、使われる人。

こんにちは。NISHIです。 打ち合わせ前の待ち時間。 ちょっとメールでも返信しようかと スタバでパチパチしていると まわりの会話が気になります。 気になりだしたら 仕事のスピードは10分の1。 それ …

no image

その価格、安すぎないか?

こんにちは。NISHIです。 コンサルや研修会社の企画が 未だに多いとは思いますが、 「繁盛店やトレンドの新業態  などの視察ツアー」 は、やはり貴重かと思います。 確かに、今では検索すれば それなり …

no image

今、あえて取り上げる「コミュニティ」

こんにちは。NISHIです。 昨日はビジネス界のそれっぽい謎フレーズ、 「コンサルティング営業」について お伝えしましたが、今日はその続きを少し。 昨日のメルマガで引用した コンサルティング営業につい …