経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

統計もデータも顧客もウソをつく。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

このビジネスモデル、
とっくの昔に終わったと
思っていましたが、
意外に伸びているんですね…。

http://grass-ex.jp/Lo30/12711

検索して少々探してみますと
簡単な業績推移がありましたので
ちょっと見てみましょう。

==
2013年度:
売上高=160億円/店舗数=1475
1店あたり=1084万

2014年度:
売上高=186億円/店舗数=1602
1店あたり=1160万円

2015年度
売上高=216億/店舗数=1722
1店あたり=1258万円
==

となっていますが、
少し前のデータですので
何とも言えないといえば
何とも言えないのですが、
非常に単純に考えました。

「単店あたりの売上高」
にならしてみる、
という方法です。

別に特別なノウハウでも何でも
ありませんが、
単店あたりの売上にならすと
わかってくることもありまして、
実態を捉えやすくなる、
という効果もあるんですよね。
非常に単純な話なのですが。

ま、このチェーンの場合は
既存店の売上減を
新規出店で賄っている
わけではなさそうなので、
その辺りは健全な状態かと。
単純にそういうことがわかります。
本来はもっとちゃんと見ないと、
ですが、ひとまず便宜上簡易に。


で、
かなり昔に破綻した
とある大手チェーンでも、
その会社の破綻前にですが
全く同じように
単店あたりの売上になおして
計算したことがあります。

すると本当にホラーなんですが、
見事、既存店の売上が伸びて
いなかったんですよね。

==
既存店の売上が下がる

既存店の業績アップに
明確な打開策がない

とはいえ、
全体では業績アップを
していかなければならない

ひとまず新規出店で
全体の売上を嵩上げ
するしかない

出店コストが必要なので
新規で借り入れを起こす

新店の開店特需は続かず、
投資回収前に既存店の
売上が下がってくる

相変わらず既存店の
業績アップには
明確な打開策がなく…
==

という無限ループ。
そりゃ破綻しますよね…。


この
「単店あたりの売上にならす」
という方法は至極単純な方法
ではありますが、
実態を捉えるには1つ、
有効な方法だとも言えます。

なぜ「こんな単純な検証方法」を
お伝えするかといいますと、
たとえ、コンサルであろうが
一般ビジネスマンであろうが、

見かけに騙されない訓練
——————————–

って相当大事で、
データや統計の見方、捉え方、
分析の仕方はもちろん、
顧客との関係性においても
全く同じことが言えるわけですよ。

だって、
出てきたデータだって、
用意された統計だって、
相手の言っていることだって、
本当のことだとは限りませんから。

先ほどの
ある破綻した大手チェーンの話でも、
全体の売上高だけで見ると
伸びていたわけですよ。

でも、
「単店あたりの売上」に
ならしてみると、
それは砂上の楼閣であることは
簡単にわかるわけです。

統計はウソをつく。
データウソをつく。
顧客もウソをつく。

性善説でありながらも、
鵜呑みにしない思考訓練は
大事ですよね。
コンサルもビジネスマンも。

ま、こんな単純な
「単店あたりの売上にならす」
ということでも、
トレーニングにはなるわけですよ。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


  1. Hi, just wanted to tell you, I loved this post. It was practical.
    Keep on posting!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【書評】「ビジネスマンのための読解力養成講座」をよんでみた。

こんにちは。NISHIです。 今日は日曜日ですから、 久々に書評でも。此方です。 == 書籍名: ビジネスマンのための 読書力養成講座 著者:小宮一慶氏 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン = …

no image

思考と作業を分断させるべからず。

こんにちは。NISHIです。 昨日は牡蠣の養殖の記事を用いて、 経営においても 経営コンサルにおいても 理想の追求はキレイゴトではなく、 欠かせないことの1つとして ご紹介しましたよね。 理想の追求の …

no image

【書評】「Google流資料作成術」を読んでみた。

こんにちは。NISHIです。 今日は書評を。 コチラの本ですね。 == 書籍名:「Google資料作成術」 著者名:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 翻訳:村井瑞枝 出版社:日本実業出版社 == 著 …

no image

業種業態が変わっても「最適解に最速で」辿り着く方法。

こんにちは。NISHIです。 コンサルティングで大事なのは クライアントにとっての 【最適解に最速で】辿り着くこと。 その一番の簡単な方法が、 業種に特化してみたり テーマに特化してみたりと、 何かし …

no image

「勝手にデューデリ」をやってみる。

こんにちは。NISHIです。 ここまで悪質だと、 普通は一発でアウトのような 気がしますが…。 そうならないのはきっと、 色々とご事情がおありなのでしょう。 ↓ http://grass-ex.jp/ …