経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

フレームワークは無謀を挑戦に変える。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

あんまり追跡調査はしていませんが、
こういう業態の賞味期限って一体、
どれくらいなんでしょうね?

http://grass-ex.jp/Lo30/12701

ま、「静かな」ブームということは
さほど流行っていないことも十分
予測される事態ですが、
急に売れる、流行るよりよほどマシ
ではあります。

なぜなら、
急に流行ったものは急に廃れるから。
これは世の常です。
スキルもノウハウも全く一緒。

もちろん、
急に売れる、流行るのも悪いことでは
決してありません。
狙いによりますからね。


さて、昨日のお話では、

「商売でたとえ少なくない額の
投資を行う際ですら、
 リサーチが片手落ちの場合も
 意外と多い」

といったことをお伝えしたかと
思います。

「そんなこと、
 するわけないでしょう?」

と、
半ば都市伝説と言いますか、
信じられない思考や行動を、
時に人はとるものです。
自分のことになればなるほど、
人は盲目になりますからね。

たとえばですね、
さっきの「業態」でもそうです。

業態とは基本的に、
商売の形態や売り方のことです。

こと、店舗形態での商売では、

「目新しいことを始める
 ≒新しい業態をつくる」

といった構図になりやすい
ものですが、
こういう、いわゆる新規業態は、
アイデアも実態も浮かんでは
消えていく…を繰り返します。
栄枯盛衰が早いから、
それなりに高リスクではある。

もちろん、
それなりに高リスクとはいえ、
チャレンジしないことには
何も生まれません。

ただ、
チャレンジと無謀は似て非なるもの。
新しいチャレンジは必要ですが、
無謀にならないよう、最低限の
検証や確認作業は必要です。

この
「新規業態を思いついた時」って、
たいていの人が

「これは当たる!」

と、思って始めますよね?

ま、その自信の「程度」が
そこそこなのか過剰なのか、
そのあたりの違いはあれど、
見込なく始める人はいないわけ。

ただ、その見込が
【最初から外れている】ことも
なかにはあるわけで、

であれば、
最初から自らそこに突っ込むのは
ただの自爆行為。

その自爆行為を避けるために、
分析のフレームワークが
あったりするわけです。

大事なのでこのくだりは何度も
お伝えしていますが、今日、
1つ追加するフレームワークは

マーケットサイズ
———————

という考え方。

これは、
「“その商品”における
 国民1人あたりの年間消費金額」
という意味を表します。

たとえば、とある商品における
国民全体での「総支出金額」が
1億円だとします。

で、計算が面倒なので
日本国民の人口を1億人としましょう。

と、なりますと、
国民1人あたりの年間消費金額である
マーケットサイズ(MS)は、

MS=1億円/1億人=1円

となります。

これで何がわかるかというと、
【商圏内】におけるその商品や業態の

市場規模
———–

がわかるわけです。
マーケットサイズに人口をかければ
市場規模がわかる。

つまり、
その商品や業態の需要が「目安として」
どれくらいのあるのかがわかる。

需要は多いのか小さいのか、
市場は大きいのか小さいのか。
その辺がわかるわけです。

と、なりますとその商品や業態が
ニッチになればなるほど、
目新しいものになればなるほど、

マーケットサイズは【小さ】く、
商圏人口を【必要とする】のです。

わかりますよね?

目新しいからこそ、
物珍しいからこそ、
それにひっかかるアンテナを
持っている人は少なくなる。

と、なりますと、
目新しい、物珍しい商品や業態が
ヒットするには、
それなりの人口ボリュームが必要に
なってくるわけです。

故に、
都心部にはニッチな商品や業態が
成立しているケースが多いですから、
一見、先端なような気がします。

もちろん、その側面もありますが、
単に商圏人口が多いから、という
側面もあるのは確か。

自分が思いついたアイデアに
酔っちゃうと、
ついmこの単純な事実を見逃して
しまうケースがあるんですよね。

わざわざ、
勝てない場所を選んでしまう。
わざわざ、
日の目を見ない場所を選んでしまう。

当然、商売やビジネスの目的や
目標によりますけどね。
ただ、最初から負け戦を選ぶ人、
意外と多いと思いますよ。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

その業界人の癖、知ってます?

こんにちは。NISHIです。 スクール業コンサルを していた友人から以前、 こんな話を聞いたことがあります。 「習い事の先生って、  自分の商売に思い入れが 強い人が多いんですよね」 ということで、 …

no image

なぜ、ヒアリングをしてはいけないのか?

こんにちは。NISHIです。 昨日は酒造メーカーの例を出し、 社長の成功体験含めた 過去のパターンを聞きましょう。 そこにヒントがあるはずです、 という話をしましたよね。 そこで今日は具体的な技術の話 …

no image

コンサルの「トップダウンとボトムアップの使い方」。

こんにちは。NISHIです。 安易な値引き販売は 毒まんじゅうだ。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/11951 当たり前のことですが、 まさに、その通り。 値引いてもなーーーんも、 …

no image

選ばれるコンサルになる「わずかな差」とは?

こんにちは。NISHIです。 今日の話は小ネタといえば小ネタ。 ですが、知っているだけでも 「少し」ではありますが、 経営者に寄り添えるかもしれない。 寄り添えるということは、 信頼を勝ち取る契機にも …

no image

企業の分岐点。明暗を分ける「選択基準の○○」とは?

こんにちは。NISHIです。 今日は簡単なケーススタディです。 こちらを題材にしてみましょう。 少し読んでみてください。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/11451 千葉オイレッシ …