経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

失敗事例では、これを見る。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

確か先日のメルマガで、
故舩井幸雄の格言、

「コンサルの成功確率を
 高めたいなら、
 成功する企業、社長とだけ
 つきあいなさい」

というものをご紹介した
ような記憶がありますが、
その時ご紹介したように、
これはまさに「真」。

勝ち残る企業は
勝ち残るべくして勝ち残り、

沈みゆく企業は
沈むべきして沈んでいきます。

コンサルでも経営者でも、
もちろんビジネスマンでも同じですが、
「潮目」を読むことは重要な能力で、
これは「鼻が利く」とも言い換えられる。
スキルとしての重要度は高いですよね。

その「鼻が利くかどうか」は、
どの分野においてもやはり【量】だと
個人的には思っていまして、
サンプルをたくさん見る事こそ、
鼻が利く、審美眼を磨く唯一の
後天的合理的アプローチ方法かと。

で、
確かこれ、ホリエモンもむかーし
言っていたような気がしますが、

「成功事例より失敗事例。
 成功事例の因果関係は
個人の主観やバイアスが
大いにかかるため不明確。

しかし、
失敗には明確な理由がある。
だからこそ、同じ研究するなら
成功事例よりも失敗事例の方が
はるかに役に立つ」

みたいな内容だったと思います。
「原文ママからはほど遠い」と
思いますが…。

ただ、これも納得できまして、
成功事例って成功した本人が
その原因をわかっていないケースって
多い、というよりもむしろ、
【ほとんど】ではないかと思います。

思い出は美化されますし、
個人的バイアスが過去の事実、
過去の因果関係を歪めてしまうこと。
これがほとんどではないかと。
何より「見栄を張りたがり」ますから。

そこで、
「失敗事例をみる」と言っても、
失敗事例としてまとまったものは
案外少ないのではないかと思います。
ま、たいていは言いたくはないで
しょうから…。

故に、
当事者の体験談、特に、
社長もいいのですがそれ以上に、
幹部や一般社員の「回想」も、
失敗事例の研究には役立つのではと。
時には社長の回想よりもフラットで
適切な場合も多いです。

その視点では、
これは少々参考になるのでは
ないでしょうか?

http://grass-ex.jp/Lo30/12631

いや、これ、ホント沈みますよね。
典型的な大企業病と言いますか、
まぁこれが1980年代と40年近く前で
この動き出しの遅さですから、
時間をかけて完全に沈没…という
わけでしょうね。

で、こういう「失敗談回顧録」の
ようなものを読んでいる時、
「失敗のルール」もそうでうすが、
他に拾い上げておきたいモノが1つ、
あります。それは、

「失敗につながるフレーズ」です。
———————————-

これですね、
見ていると思うわけですよ。

「あぁきっとこのフレーズが
分岐点なんだろうなぁ」って。

この記事でのこの企業の
「分岐点を分けたフレーズ」は
「コレ」かと。

予算がない。
————–

もちろん、
たった1回のこのフレーズが
決定打になっているわけでは
ないでしょう。

ですが、
1度あることは2度ある、
2度あることは3度ある、
3度あることは…

と、ハインリッヒの法則よろしく、
背景には無数の「予算がない」が
あるはずです。

つまり、
クライアントにおいても
見込客においても、
無意識的に口癖になっている
「フレーズ」に着目するのも、
1つの確度の高い見方になります。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


  1. adidas nmd より:

    I intended to post you the very small observation in order to thank you so much again relating to the breathtaking knowledge you have shared in this case. This is simply strangely generous with you to allow extensively exactly what a lot of people might have offered for an e-book in making some profit for their own end, specifically since you could possibly have tried it in case you decided. The good ideas as well acted like a good way to be sure that some people have a similar fervor like mine to learn whole lot more related to this issue. I am sure there are many more fun occasions ahead for many who look into your site.

  2. adidas nmd r1 より:

    Thanks so much for giving everyone such a superb chance to check tips from this site. It is always very terrific and full of fun for me and my office peers to visit your web site the equivalent of three times in 7 days to read through the latest items you have got. And lastly, I’m certainly fulfilled with the mind-boggling concepts you give. Selected 3 facts on this page are without a doubt the most beneficial I have had.

  3. I simply desired to thank you so much all over again. I am not sure what I could possibly have followed without those techniques shown by you directly on this area of interest. It previously was a very difficult setting for me personally, nevertheless noticing the very skilled technique you handled that made me to cry with delight. Now i’m thankful for your assistance and hope that you know what an amazing job you are always undertaking instructing people all through your websites. I’m certain you’ve never got to know all of us.

  4. adidas nmd より:

    That is the suitable weblog for anybody who needs to search out out about this topic. You realize a lot its almost hard to argue with you (not that I really would need匟aHa). You positively put a new spin on a topic thats been written about for years. Great stuff, simply great!

  5. adidas nmd r1 より:

    Thank you for every one of your work on this web page. Ellie really loves carrying out investigation and it is easy to see why. We all notice all regarding the lively means you deliver vital thoughts by means of your web site and in addition inspire contribution from some others about this topic so our own princess is truly starting to learn so much. Take pleasure in the rest of the year. You are always performing a very good job.

  6. chrome hearts より:

    A formidable share, I just given this onto a colleague who was doing a little evaluation on this. And he in fact purchased me breakfast as a result of I discovered it for him.. smile. So let me reword that: Thnx for the deal with! But yeah Thnkx for spending the time to debate this, I really feel strongly about it and love studying extra on this topic. If attainable, as you turn into experience, would you thoughts updating your blog with extra particulars? It is highly helpful for me. Large thumb up for this blog put up!

  7. An fascinating dialogue is value comment. I feel that it is best to write more on this subject, it may not be a taboo topic however typically individuals are not sufficient to speak on such topics. To the next. Cheers

  8. adidas nmd r1 より:

    My spouse and i ended up being so satisfied Albert managed to do his survey by way of the precious recommendations he got when using the web pages. It is now and again perplexing just to be giving freely tips and tricks some people could have been making money from. We figure out we have got the writer to give thanks to because of that. Most of the illustrations you’ve made, the straightforward web site menu, the friendships you can make it possible to instill – it’s many amazing, and it’s letting our son in addition to our family understand that issue is satisfying, and that is quite essential. Many thanks for the whole lot!

  9. The next time I learn a weblog, I hope that it doesnt disappoint me as a lot as this one. I mean, I do know it was my option to read, but I truly thought youd have one thing interesting to say. All I hear is a bunch of whining about something that you could possibly repair in the event you werent too busy looking for attention.

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

希少価値の高いコンサル、どこにでもいるコンサル。

こんにちは。NISHIです。 希少価値のあるコンサル。 どこにでもいるコンサル。 その違いはどこにあるのでしょう? 笑い話なんですけど、 笑い話にもできない話がコチラ。 ↓ http://grass- …

no image

コンサル前のルーティンは●●をすべし。

こんにちは。NISHIです。 こちらの記事を眺めていて ばーーっと思い浮かんだといいますか、 思い出したことがいくつかありますので、 今日はそれをお伝えしますね。 もちろん、コンサルについて、ですよ。 …

no image

クライアントの商品も「分割」して「累計」にせよ。

こんにちは。NISHIです。 今、大阪の東海道本線にて 移動しながらこの原稿を書いています。 すると、こんな車内看板が目に入ります。 「人生はワンチャンスシリーズ、  累計190万部突破」 最近、電車 …

no image

【書評】「仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方」を読んでみた。

こんにちは。NISHIです。 今日は久々の書評です。 コレいってみましょう。 == ・書籍:仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方 ・著者:宇都出雅巳氏 ・出版社:クロスメディア・パブリッシング → ht …

no image

デッドスペース活用ってそもそもズレている?

こんにちは。NISHIです。 ビジネスケーススタディとして もはや定番なこの企業、ご存知です? ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/1781 顧客管理とリストのセグメントや 地域密着の …