経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

失敗事例では、これを見る。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

確か先日のメルマガで、
故舩井幸雄の格言、

「コンサルの成功確率を
 高めたいなら、
 成功する企業、社長とだけ
 つきあいなさい」

というものをご紹介した
ような記憶がありますが、
その時ご紹介したように、
これはまさに「真」。

勝ち残る企業は
勝ち残るべくして勝ち残り、

沈みゆく企業は
沈むべきして沈んでいきます。

コンサルでも経営者でも、
もちろんビジネスマンでも同じですが、
「潮目」を読むことは重要な能力で、
これは「鼻が利く」とも言い換えられる。
スキルとしての重要度は高いですよね。

その「鼻が利くかどうか」は、
どの分野においてもやはり【量】だと
個人的には思っていまして、
サンプルをたくさん見る事こそ、
鼻が利く、審美眼を磨く唯一の
後天的合理的アプローチ方法かと。

で、
確かこれ、ホリエモンもむかーし
言っていたような気がしますが、

「成功事例より失敗事例。
 成功事例の因果関係は
個人の主観やバイアスが
大いにかかるため不明確。

しかし、
失敗には明確な理由がある。
だからこそ、同じ研究するなら
成功事例よりも失敗事例の方が
はるかに役に立つ」

みたいな内容だったと思います。
「原文ママからはほど遠い」と
思いますが…。

ただ、これも納得できまして、
成功事例って成功した本人が
その原因をわかっていないケースって
多い、というよりもむしろ、
【ほとんど】ではないかと思います。

思い出は美化されますし、
個人的バイアスが過去の事実、
過去の因果関係を歪めてしまうこと。
これがほとんどではないかと。
何より「見栄を張りたがり」ますから。

そこで、
「失敗事例をみる」と言っても、
失敗事例としてまとまったものは
案外少ないのではないかと思います。
ま、たいていは言いたくはないで
しょうから…。

故に、
当事者の体験談、特に、
社長もいいのですがそれ以上に、
幹部や一般社員の「回想」も、
失敗事例の研究には役立つのではと。
時には社長の回想よりもフラットで
適切な場合も多いです。

その視点では、
これは少々参考になるのでは
ないでしょうか?

http://grass-ex.jp/Lo30/12631

いや、これ、ホント沈みますよね。
典型的な大企業病と言いますか、
まぁこれが1980年代と40年近く前で
この動き出しの遅さですから、
時間をかけて完全に沈没…という
わけでしょうね。

で、こういう「失敗談回顧録」の
ようなものを読んでいる時、
「失敗のルール」もそうでうすが、
他に拾い上げておきたいモノが1つ、
あります。それは、

「失敗につながるフレーズ」です。
———————————-

これですね、
見ていると思うわけですよ。

「あぁきっとこのフレーズが
分岐点なんだろうなぁ」って。

この記事でのこの企業の
「分岐点を分けたフレーズ」は
「コレ」かと。

予算がない。
————–

もちろん、
たった1回のこのフレーズが
決定打になっているわけでは
ないでしょう。

ですが、
1度あることは2度ある、
2度あることは3度ある、
3度あることは…

と、ハインリッヒの法則よろしく、
背景には無数の「予算がない」が
あるはずです。

つまり、
クライアントにおいても
見込客においても、
無意識的に口癖になっている
「フレーズ」に着目するのも、
1つの確度の高い見方になります。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【書評】「SMARTCUTS」を読んでみた。

こんにちは。NISHIです。 今日は書評です。 コチラを題材にしましょう。 ¬¬== ・書籍:SMARTCUTS ・著者:ジェーン・スノウ ・翻訳:斎藤栄一郎氏 ・出版社:講談社 == 最近、この手の …

no image

【書評】「新規事業ワークブック」を読んでみた。

こんにちは。NISHIです。 今日は書評です。 コチラを。 == 書籍:新規事業ワークブック 著者:石川明 出版社:総合法令出版 → http://grass-ex.jp/Lo30/12651 == …

no image

そのビジネス、シンプル?

こんにちは。NISHIです。 たまーにJRの芦屋駅に行きます。 芦屋といえな超高級住宅街。 ブルジョアなイメージがピッタリで、 道行く人もどこか品がいい。 身につけているものもいいです。 で、JR芦屋 …

no image

正しい値付けに対する「2つのアプローチ方法」。

こんにちは。NISHIです。 今日は小ネタを。 今日のタイトルにもありますが、 正しい値付けって、 どうすればいいんでしょうね? 何か値付けの基準ってあります?? 実際にモノがあって、 世間的相場も決 …

no image

片手落ちのリサーチは即死に直結する。

こんにちは。NISHIです。 ここ最近のメルマガでは、 セオリーと言いますか、 改めてコンサルの基本として、 視点や 原則や ノウハウや 考え方など をお届けしていますが、 やはり基本に立ち返ることは …