経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

同じノウハウで違う結果。それを分けるものは…。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

昨日のポイントカードの話、
もう1つ要点がありますので、
今日はそれをお伝えしますね。

http://grass-ex.jp/Lo30/12621

コンサル的な「後追い分析」って
まぁコンサルなので仕方ないですが、
それほど好きじゃないですね。

だって、後からなんて
何とでも言えるじゃないですか。
手首がちぎれそうなくらい、
クルックルに手のひらを反すって
まぁ世の中そんな人ばかりですが…。

ま、それはさておき、
もう1つの要点についてです。

このポイントカード、
設定そのものがいいですよね。

食べたグラム数に応じて
マイレージが貯まる仕組みですから、
売上そのものに直結しますし、
たぶん、ランク設定も絶妙に
いいラインをついているのでしょう。
ここは推測ですけどね。

それと、何より、
コミュニティに競争原理を働かせている
————————————————

のは、リピート促進にも
一役どころか二役も三役もかっている
のではないでしょうか。

専用アプリもあって、
マイレージ状況も管理できるようですし、
自分もライバルもランキングがわかる。

「あいつだけには負けたくない」

そんな競争中毒患者も多そうですよね。
うまくコントロール、いや、活性化が
出来ているように思います。


で、
こんなことを書いていますと、
やっぱり自己嫌悪に陥る部分も
少なからずありまして、

後からなら何とでも言える
——————————-

わけですよね。
特にコンサルはドヤ顔でこれを言う。
さも自分の手柄であるかのように。

実現させたのは経営者であり、
その会社の従業員なわけですから。
なーーーんもしてませんからね。
コンサルは。

いや、それはそれで
脇に置いておきたいところですが、
こういった「成功した仕掛け」、
いわゆる【成功事例】を生み出した
【因果関係】を押さえることって
大事は大事なんですよね。

【何】をやって、【そう】なったか。

たいていの会社、
たいていの経営者は、
ココはつかむことが出来るんです。
そんな特別な事例もありませんからね。

でも、です。
長年コンサルを行ってきた中で、
「1つの疑問」がありまして、それは

==
なぜ、全く同じノウハウを取り入れても、
うまくいく会社とそうでない会社に
分かれるのか?
==

というもの。

まぁ、ずっと不思議だったんですけど、
この事には結局「これしかないかな…」と
自分なりに思える「結論」がありまして、

本当に実現させたい執念があるか否か?
———————————————-

ノウハウが完遂され、
想定通りないし、想定をはるかに超える
結果を得られるかどうかは、

その執念による
——————

という、ほぼ精神論の結論になります。

いや、精神論ではありますが、
やはりこの点は相当重要でして、
そもそもご自身で開拓できる社長であれば、
コンサルに依頼することもないですし、

コンサルに依頼し、
かつ、完遂能力や執念がある社長って、
上位数%しかいないように思います。

ゆえに、故船井幸雄曰くは正しくて、

「コンサルティングの
成功確率を高めたいなら
 成功する社長と付き合いなさい」

は、真なのです。

成功モデルは世の中に
たくさん溢れているわけですから、
あとは執念だけではないでしょうか。

ま、ここが一番難しいかもしれませんが…。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「お客が奪われた」って、それ、本当?

こんにちは。NISHIです。 今、ホテルのラウンジで この原稿を書いています。 隣に座る女性2人組がこんな会話を 繰り広げています。 なんとなくセレブな感じ。 要約するとこんな感じです。 == ・先日 …

no image

会社の変化のタイミングで起きる「踏み絵」について。

こんにちは。NISHIです。 昨日、書評にてご紹介した 「日本の工芸を元気にする!」ですが、 この手の ・後継者が戻る、事業継承して ・新しいやり方を取り入れ ・老舗が復活ないし飛躍を遂げる というパ …

no image

「一見優良企業」と付き合う「見えないリスク」。

こんにちは。NISHIです。 このメルマガでは度々、 【こんな客と付き合っては×】 という話をしているかと思います。 先ほど見つけた「この記事」も まさにそうですね。 一度目を通してみてください。 ざ …

no image

販促もリバイバルせよ。

こんにちは。NISHIです。 こちらの記事、 個人的にコンサル的に 「反応」する箇所があります。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/12371 架空請求に関する記事ですが、 個人的に …

no image

青学流マネジメントと現代コンサルの共通点とは?

こんにちは。NISHIです。 今、このメルマガを書いている時点では 青学がガッツリ1位をキープらしいです。 たぶん、このメルマガが配信される頃には 連覇が確定しているのではないでしょうか。 あ、箱根駅 …