経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

最初から「無理ゲー」に突っ込む愚。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

昨日は書評を通じて

==
・コンサルが使用する
 分析ツールやフレームワークは
 個人の出世戦略にも応用可

・それにより、
 目的地と現在地の把握、
 自分のポジショニングの把握が
 客観的に行える
==

という話をしたと思います。

で、今日はちょっとその続きで。
昨日の話でひとつ、
前職のコンサル会社で思い出す
風景があります。


このメルマガの読者の方々には
ご存知の方も多いと思いますが、
私の前職は某コンサル会社の
某F総研で、
私がいた当時はまるで「動物園」と
評した方がいいほど、
いろんなタイプの方がいました。

で、よーく見なくてもわかることで、
当然、出世する人とそうでない人に
わかれていきますが、これも当然、
出世する人はほんの一握り。

そりゃそうなんですけど、
出世する人と出世しない人、
よーく見ていますと、そこには

シンプルな違い
——————

があります。

この違い、意外とあんまり
語られることがないんですよね。
暗黙の了解といいますか。

少し逸れました。
話を戻しましょう。

出世する人、しない人を分ける
「シンプルな違い」がありますが。
それは、

ゲームのルールを理解しているか否か。
——————————————-

その会社のビジネスモデルを理解し、
「勝てるゲーム」を選択するのか、
「負けゲーム」を選択するのか。
ここが完全に分岐点です。

「いやいや、
 負けゲーム、負け戦だとわかって
 そこで勝負する人なんて
 いるわけないでしょ?」

と、思われるかもしれません。

が、案外そうでもないのです。

例えば、
この会社でも社員の評価方法は
評価制度に基づき当然一律です。
営業数字による定量評価と
各種定性評価および各種係数がかかり、
評価が定まってくるわけです。

コンサルティングビジネスとしての
ゲームのルールは同じ。
評価制度という評価のルールも同じ。

つまり、
ゲームのルールは決まっているわけで、
その中でどの業種を選択するのか、
どのテーマを選択するのかは個人の自由。

不思議なことにここで自ら負けゲーム、
いわゆる「無理ゲー」に突っ込む人、
かなりいまして、当然ながら、

・儲かる業種やテーマ
・成長している業種やテーマ
・粗利率の高い業種やテーマ
・顧客の購入単価の高い業種やテーマ
・遅れている業種やテーマ

……などなど、
勝ち戦を選択しようとすれば
選択する基準は割と明快にありますが、
その選択をしない人、多いんですよ。

私なりにその理由を考えてみると、

・最初から辞めるつもりで出世すると困る
・出世している人に全く魅力を感じない
・本当にこのゲームのルールを知らない

などが該当すると思いますが、
上2つはまだしも、

「ゲームのルールを知らない」

というのは
誠にもって困るわけです。

それで辞めてよそに行っても
同じことを繰り返しますからね。

だからこそ、
自社のビジネスルールを理解しないと、
スタートラインにすら立てないわけです。

自営業者や個人事業主と違い、
サラリーマンの大きな特徴の1つは、

「ゲームのルールがすでにあり、
そのルールの改変は割と難しい」

ということです。

だからこそ、
自社に残るも外に出るも、
勤めの場合はキャリアダウンでなく
キャリアアップできるよう、
ゲームのルールの理解が必要で、
そのためにはコンサルが使う
分析ツールやフレームワークを
学ぶことは割と無駄ではないかと。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

正しい値付けに対する「2つのアプローチ方法」。

こんにちは。NISHIです。 今日は小ネタを。 今日のタイトルにもありますが、 正しい値付けって、 どうすればいいんでしょうね? 何か値付けの基準ってあります?? 実際にモノがあって、 世間的相場も決 …

no image

【書評】「聞き方を変えればあなたの仕事はうまくいく」を読んでみた。

こんにちは。NISHIです。 今日は書評を。 こちらいってみましょう。 == 書籍名: 聞き方を変えればあなたの仕事はうまくいく 著者:上阪徹 出版社:文響社 → http://grass-ex.jp …

no image

スキマ時間でできる「コンサル思考トレーニング」とは?

こんにちは。NISHIです。 目先を変える。 ————— そう聞くと、 どのようなイメージをお持ちになります? 小手先の方法と言えばそうです …

no image

時代の流れに流されないコンサル思考術

こんにちは。NISHIです。 そういえば先日、 日本人の恒例行事(らしい)習慣に関する こんな記事を見ました。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/1111 こういうニュース、ここ何年 …

no image

最適解を最速で出すコツ

こんにちは。NISHIです。 突然ですが、 情報収集ってどうやってます? 何か独自の習慣ってお持ちです?? クライアントの状況を正確に捉え、 短期・中期・長期の時間軸において 最適解を提示すること。 …