経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

遅れた市場を探せって、どうする?

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

コンサルでもビジネスでも、
参入マーケットの選定方法の1つは、
よくこのように表現されます。

遅れた市場を探しなさい。
——————————–

あるトップコンサルタントは、
「遅れた市場探し」の代わりに
「バカ探し」という表現を
使っていましたが、

非常によろしくない表現では
あるものの、
実に的を突いた表現であり、
真実でもあるように思います。

神田さんがよくやってらっしゃる
「タイムマシンビジネス」も
全く同じ理屈ですよね。

海外、特に米国で流行ったモノを
時間差のもとに日本に輸入する。

この方の一番と言っていい長所は
「目利き」じゃないですかね。

ま、それはともかく、
遅れた市場を探す、バカ探し、
タイムマシンビジネス…、
表現は何でもいいのですが、

その「遅れた市場探し」の
一つの切り口として

【こんな表現】

も、意識の片隅に置いておくと、
よいマーケットを見つけ出しやすい
のではないかと思います。

その表現とは、
【都市伝説のある、多い市場】です。


たとえば、「この例」。

http://grass-ex.jp/Lo30/12561

イチゴの自動収穫ロボ導と
専用のパッケージ包装容器の
導入により、イチゴが痛まず
日持ちするようになったおかげで、

「海外への輸出向きでない」
というネックをクリアし、

結果、高コストを補えるほどの
高単価商品に設定しても売れる、
というブランディングが実現した
と言う話ですが、

この「元の原因」を辿ると、
そこには【都市伝説】があるわけで、

==

「ヘタについている
つる枝の部分が長いと傷みにくい。
イチゴ農家には、
そんな都市伝説のようなものが
ありました。

でも、
なぜか分からなかったのですが、
どうも生物学的な理由はなくて、
農家の人たちが
茎をつかんで収穫すると、
実のダメージが少ないというのが
結論でした」

==

ということなんですよね。

遅れた市場になればなるほど、
時が止まった市場になればなるほど、

その業界にいる人間としては

「そんなの当たり前」
「そんなの出来るわけない」
「そんなのありえない」

思っていることって案外多くて、
かつ、それは

根拠のない都市伝説である
——————————

ことが多いものですよ。

「それって本当?
 都市伝説じゃないの?」

と、素朴に思えるようなことが
あれば、
それはチャンスかもしれません。

その「素朴に思った瞬間」が、

「売れるマーケットの発見や
イノベーションの瞬間」

なのかもしれません。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「3桁把握」で自らを「省エネ化」せよ。

こんにちは。NISHIです。 昨日はカーブスの記事を 取り上げてのメルマガでしたが、 そこからコンサルとしての 【思考トレーニング方法の基本】 を1つ思い出しましたので、 今日はそれをご紹介しようかと …

no image

椅子をなくせば業績は上がります⇒⇒????

こんにちは。NISHIです。 こういう小ネタ、 案外嫌いじゃありません。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/11731 「椅子をなくせば業績が上がる」 この直球すぎるくらい 因果関係 …

no image

ルール化という、コンサルの遊び。

こんにちは。NISHIです。 昔、F総研時代に 当時の社長がこんなことを 言っていました。 「後天的に身につけるのが  可能なものと難しいものがある。  難しいものの1つは、 【ルール化能力】である。 …

no image

惰性で続いていることを破壊する。

こんにちは。NISHIです。 先日、弁護士さんとの会話で 生産性の話題が出ました。 こんな感じの内容です。 == 弁護士: 「日本って海外に比べて 生産性低いみたいですね。」 私: 「あ、それ聞いたこ …

no image

引き出し、何段あります?

こんにちは。NISHIです。 私個人的には、 基本的にクライアントと 食事や飲みにいくことは ありません。 が、状況や目的によっては ごくまれーーーーーに 飲食店に入ることもあります。 先日はそんな状 …