経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

会社の業績と鏡写しの習慣は「社長の○○」

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

おそらくこのメルマガでは
ここ数回のテーマとして、

社長の癖を見る、だとか、

社長の過去のパターンや
成功パターンを見る、だとか

ヒアリングも
真正面から行うのは前置きで、
本音は別で聞くべし、だとか、

そんなことをお伝えしていますが、
意味があってそうしているわけです。

それもこれも、
昔はビジネスが業種や地域に
限定されたものでしたが、

現在ではより複雑系のものに
変化しているが故、

社長そのものを知るヒントや
その手がかりやとっかかりを
たくさんストックしておくことは、
コンサルとしての成功確率を
高めるため必須だと思うが故です。


さて、今日はその
社長そのものを知るヒントの1つに、

「カネの使い方」

にフォーカスしてみようと思います。

先日発見しましたが、
この記事のこの企業、
業績が好調みたいですね。

http://grass-ex.jp/Lo30/12551

昔、何かの番組でここの社長が
特集されていたシーンが
記憶に残っているんですよね。

ここの社長、一見の印象は、
ものすごーく、普通な感じです。
どこにでもいる中年のオッサン…、失礼。
普通の中年男性にしか見えません。

故に、通勤の電車内にいても
大手チェーンの社長だなんて
誰も気づかないことでしょう。

現にこの社長、
社用車でもタクシーでもなく、
必ず「電車通勤」のようなんです。

その理由としては確か、
【消費者感覚を忘れないために】
という理由だったと思います。

これは非常に合理的選択で、
消費者感覚を失わないための
習慣を持つからこそ、

大衆向けチェーンとしての
商品設計や価格設定が

「市場からブレない」

わけですね。

少し話はそれましたが、
儲かっていれば社用車やタクシー等、
移動手段においても
理由なくカネを使いがちな社長もいる。

そこをあえてそうしない、
いや、単に興味がないだけ
なのかもしれませんが、
締める所は締めているからこそ、
堅実に好調な業績をキープできている。

これもきいた話ですが、
確か、日本電産ですかね?
確か、永守さんっていう社長がいて、
その人も会社の業績と同じで
カネの使い方が「堅実」なんですよね。

ビジネスホテルに泊まれば必ず、
添え付けのカミソリ、歯ブラシを持ち帰り、
それを日常でも使うみたいですね。
おかげでカミソリや歯ブラシは、
この何十年、買ったことがないそう。
まさに、ケチ、いや、堅実です。

つまり、
社長のカネの使い方は、
会社の経費の使い方に直結する、
というわけです。

それが中小企業となればなおさらで、
カネの使い方が堅実なら会社も堅実、
その逆もしかり、なんです。

ですから、
社長のカネの使い方についても、
ヒアリングで真正面から聞くのではなく、
さりげなく雑談で情報収集、なのです。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

情報の価値には3つの段階がある。

こんにちは。NISHIです。 今日は「情報の価値」についてのお話です。 コンサルの人は基本に立ち返り、 コンサルになりたい人は知っておくべきこと。 今日はそんな内容です。 ネットや雑誌によくある 著名 …

no image

後天的に数字につよくなる方法

こんにちは。NISHIです。 コンサルたるもの、やはり 「数字に強くあるべし」とは思います。 職業上、一見、数字に強いイメージは あるかと思いますが、 誰しも数字に強いわけではありませんし、 最初から …

no image

コンサルなら「線引きをする勇気」を持て。

こんにちは。NISHIです。 船井流がわかりやすくわかる本に 「船井流101の経営法則」という ものがありまして、 私もたまに見返すことがあります。 基本的な項目がコンパクトに 収まっている本ってどの …

no image

「結果の出やすいものファースト」で。

こんにちは。NISHIです。 昨日は、井村屋さんに関する 記事を引き合いに出しながら、 【セオリーと非セオリー】の 話をしましたよね。 セオリーを踏まえた上での 非セオリーにへの挑戦はいいですが、 セ …

no image

その「シワ」は、どこから来たのか?

こんにちは。NISHIです。 先日は東芝さんの元社員への インタビュー記事を引き合いに 出しながら、 == ・成功事例よりも 失敗事例の研究の方が実りあり ・なぜなら、  成功事例の因果関係は曖昧。 …