経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

そのゲームのルール、変わってない?

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

確かに、
彼こそ歴代の選手の中で最も
「ホームランアーティスト」な
選手かもしれませんね。

http://grass-ex.jp/Lo30/12501

これ、
個人的かつ感覚的にも
思うことなんですが、
野球というスポーツそのものが
今と昔では【全くの別モノ】に
なっているような気がします。

例えば球場の広さ1つとっても
そうです。
記事中から要約して引用すると、

==
・昭和の球場の標準サイズは
 両翼90m、中堅115mで、
 現在の標準サイズは、
 両翼100m、中堅122m。

・王や田淵の記録は
 この昭和の時代につくられ、
 カブレラ、ローズ、中村剛也の記録は、
球場が大型化してからの記録
==

と、いうことで、
たった5~10メートルって
思われるかもしれませんが、
5~10メートル違うって
相当違うと思いますよ。

それにもう1つ、
時代によるレベルや環境の変化による
記録の違いを補正するべく、
「TBA(True Batting Average)」
なる補正指標が使われています。

この「TBA」は、

==
(そのシーズンの選手の本塁打数×0.0247)
÷そのシーズンのリーグ本塁打率
==

で示されるようで、
この指標を用いても彼は

「歴代で最も優秀な
ホームランアーティスト」

と、言っていいようです。


さて、ここから言えることは
冒頭での発言と全く同じで、

「同じ野球というスポーツでも、
 今と昔ではその中身は
 全くの別モノである」

ということですよね。

球場の広さ1つとってもそうですし、
補正指標を使ってもそう。
オマケに野球というスポーツ
そのものが複雑化していますから、
完全に別モノなわけですよ。

これですね、
ビジネスでもコンサルでも
全く同じことが言えまして、
たとえば

「業績アップ」

という言葉
ひとつとってもそうですよ。

私、このメルマガでもよく
「船井流」って使いますけど、
小売全盛の時代と今じゃ
時代背景は全く違うわけで、
効果的な業績アップ手法も
ガラリと変わってくることは
容易に想像できますよね。

もちろん、
原理原則は変わらないし、
共通する部分も多々ありますが、
全くの別モノになっている側面は
多々あります。

「ゲームそのもの」が
変わっているわけですから、
業績アップひとつとっても

適合するモノと
適合しないモノを

自分でキチンと
精査していかなければいけない。

こんなのって
ものすごく当たり前のことで
何を今さら感が満載なのですが、
意外と忘れがちなことなんです。

このことをひとつ、
別の側面から捉えますと、

成功体験の逆襲
——————

って言われる言葉が
まさに該当するわけで、
思わぬ落とし穴になるんですよ。

ゲームそのものが変わっている。
その可能性があるかもしれないこと。
その中で適合するものと
適合しないものの精査をしていくこと。

コンサルも社長もここ、
間違うことってあるんですよね。
意外な落とし穴なんです。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

絞り込む勇気。

こんにちは。NISHIです。 今となっては ビジネスモデルはだいぶ 変化をしてきていますが、 前職のコンサル会社での 受注パターンは、 セミナー開催 ↓ 受注 というもので、 現在の研究会を中心とした …

no image

【書評】「超予測力」を読んでみた

こんにちは。NISHIです。 昨日に引き続き今日も書評を。 ピックアップ書籍はコチラ。 == ・書籍:超予測力 ・著者: フィリップ・E・テトロック ダン・ガードナー ・訳:土方奈美氏 ・出版社:早川 …

no image

時代の流れに流されないコンサル思考術

こんにちは。NISHIです。 そういえば先日、 日本人の恒例行事(らしい)習慣に関する こんな記事を見ました。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/1111 こういうニュース、ここ何年 …

no image

その商売、ハイイメージ化するとどうなる?

こんにちは。NISHIです。 TV番組内で喧伝される 「今流行ってますよ~」って あまり真に受けない方ですが、 時々、自分の中にある 「ちょっと来そうかな?」 という感覚と合致すると、 案外その気にな …

no image

「小型ファミコン国内発売」をこう読む

こんにちは。NISHIです。 これ、見ました!?? まさに私の世代にドンピシャで、 30代中盤から40代にかけては 爆発的に売れるんじゃないでしょうか? ↓ 小型ファミコンだと!? http://gr …