経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

【書評】「ヤンキーの虎」を読んでみた。

投稿日:2017年5月16日 更新日:

こんにちは。NISHIです。

今日は書評を。
コチラをお届けします。

==
書籍:ヤンキーの虎
著者:藤野英人
出版社:東洋経済新報社
http://grass-ex.jp/Lo30/12451
==

この本の特徴的な点は、

「案外知られていない
地方経済における有力企業の実体」

が、紹介されている点かと
思います。

確かに、カンブリア宮殿などの
ビジネス系のTV番組だと、
基本、特色のある地方企業が
ピックアップされるケースって
多いですよね。

そこでピックアップされる
企業の特徴って、大抵、

・商品が特徴的
・ビジネスモデルが特殊
・業界水準と比較して異常値の実績

といった「目新しさ」のおかげで
取り上げられているわけですが、

この本で紹介されているような
地方経済の有力企業である
「ヤンキーの虎」に関しては、
実は「上記のような条件」って
当てはまらないケースが多いんです。

なぜ、
私がそのようなことを言えるのか?

実はこの「ヤンキーの虎」、
まさにF総研の「ど真ん中の顧客」。
だから、実感があるわけです。

この本にもありますが、

・介護事業
・携帯電話販売
・軽未使用車販売

……などなど、
どこにでもあるような商売で、
かつ、時流に乗った商売を
少々先んじてスタートさせる。

そうやって多角化することで、

「ハイイメージ付き大衆商法の
 コングロマリット化」

を進めているわけです。
これ、特徴的ですし、
コンサルとしては非常に優良な顧客。

先ほどお伝えしたように、
時流に乗り、他社より少々先んじて
事業をスタートさせる場合、
ポイントとなるのが

【ハイイメージ付き大衆商法】

としてリパッケージすること、
なんです。

確か、
この本には書いていなかった
用語だとは思いますが、
ハイイメージ付き大衆商法、
以前にもお話ししましたよね。
覚えていらっしゃいます?

地域密着型商売ではなおのこと、
シェア獲得が必須になりますから、
シェア拡大と業績アップには
「マスをとる」ことが必要。

と、なりますと、
基本的にターゲット客層は、
「大衆」に焦点が当たります。

この「大衆」が望むものは何か?

それは、
周りのみんなも持っている、
ないし、持ち始めているモノで、
少し背伸びすれば手の届くモノ。
そして、少しイメージがいい、
というものなんです。

この「少し、いい」というのが
大事なポイントでして、

もし、「格別よい」とすると、
「大衆」には理解できない。
つまり、売れないということ。

商品、
外観、
内装、
サービス、
接客…

などなど、
手の届く範囲のモノで、
他のモノよりも、
経験してきたモノよりも、

「ちょっといいモノ」

を提供する。

これが
ハイイメージ付き大衆商法であり、
地方の地域密着型のビジネスでは
この「コングロマリット化」が
ひとつの

勝ちパターン
—————

だったりします。

書評とは少し離れましたが、
地方経済の牽引者ともいえる
「ヤンキーの虎」の生態について
理解を深めるにはよい本かと。

まさに、F総研の上得意である
この層の顧客について、
特色や経営者の性格を知ることは
コンサルとしてプラスになると
個人的には思いますよ。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

マーケットを「ズラす」時に必須の●●の見直しとは?

こんにちは。NISHIです。 長所進展。 これは、 「短所を是正していくよりも、 長所を伸ばし展開することに 注力せよ。 さすれば短所も消える。」 といった 船井流の原理原則の1つのこと。 これは自己 …

no image

コンサルに「魔法の杖」は、ない。しかし…

こんにちは。NISHIです。 今日は 「コンサルとしての商品開発」の 話をしたいと思いますが、 まずはそれにつながるこんな話から。 ▼ コンサルをしていると、 クライアントから時折、 「評価制度の相談 …

no image

企業の分岐点。明暗を分ける「選択基準の○○」とは?

こんにちは。NISHIです。 今日は簡単なケーススタディです。 こちらを題材にしてみましょう。 少し読んでみてください。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/11451 千葉オイレッシ …

no image

忘れられがちなコアバリュー、コアコンピタンス。

こんにちは。NISHIです。 昨日のメルマガに絡め、 今日はこの話題を扱います。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/11571 この話題に関して、NewsPicksで コメントをなん …

no image

青学流マネジメントと現代コンサルの共通点とは?

こんにちは。NISHIです。 今、このメルマガを書いている時点では 青学がガッツリ1位をキープらしいです。 たぶん、このメルマガが配信される頃には 連覇が確定しているのではないでしょうか。 あ、箱根駅 …