経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

スタッフの発言は聞いてはいけない?

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

昨日は書評ということで

「採るべき人
採ってはいけない人」

についてお伝えしましたが、
こちらの本、当然ながら
大事な採用の場面においての
失敗リスクを減らすための
ノウハウが書かれていますが、

さらに1つ、
コンサル場面でも共通する
【大事なポイント】があります。

それは、

発言よりも「行動」を見よ
——————————-

という点です。

採用の場面における
「発言よりも行動を見よ」の
意味はおわかりになりますよね。

エントリーシートで
書かれていることや、
面接の現場で並べたてられる
会社と自分に対する美辞麗句。

これらを鵜呑みにする人は
採用側にいないでしょうが、

それが「ウソ」「誇大表現」とは
わかってはいても、
上手な「ウソ」「誇大表現」には
ついつい引っ張られがちなもの。

これ、
実は経営やコンサルの場面でも
全く同じようなことがありますが、
この事実、意外に忘れられがち。

「私はやる気がありますよ!」
「私は頑張りますよ!」
「私はこの会社のことを
 誰よりも思っていますよ!」

そんなアピールをする人、
つまり、【声の大きい人】って
必ずいるものですが、

ついつい、
引っ張られがちなことは
多々あります。

一見、よさげに見えますから
騙されそうになるんですよね。
社長もコンサルも。

だからこそ、そういった
「声の大きい人」の「発言」は
「話半分」に聞きながら、
まずは敵に回さないようにする。
関係性は現状維持のままにしておく。

その間に「裏」を取るのです。
彼、彼女の発現は本当なのか?

もちろん、
その他のスタッフに対して
ストレートには聞きませんよ。

ここで見るのは【行動】です。

彼、彼女のとった行動は
どのようなものだったか?

スタッフとの会話の中から、
社長との会話の中から、
気になる箇所をピックし、
自分の中にストックしていく。

そうやって、
彼、彼女の「パズルのピース」を
埋めていくのです。

もちろん、
人を信用していないわけでは
決してありませんよ。
こちらから信用することは
大事なことですし、
こちらから信用しないことには
何も始まりませんから。

ただ、行動を見るが大事。
信用しながらも信用しない。
信用しないながらも信用する。

この一見矛盾した行為が
コンサルには必要かと思います。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

業種特化すればするほど、難しくなる●●とは?

こんにちは。NISHIです。 以前にもこんな話をしましたが、 コンサル商品の中でも 結構「不人気」なものがあって、 それは「現場調査」なんです。 よく先輩コンサルからも 「現状分析にカネ払う社長なんて …

no image

コンサルに「魔法の杖」は、ない。しかし…

こんにちは。NISHIです。 今日は 「コンサルとしての商品開発」の 話をしたいと思いますが、 まずはそれにつながるこんな話から。 ▼ コンサルをしていると、 クライアントから時折、 「評価制度の相談 …

no image

【書評】「驚異のストーリープレゼン」を読んでみた。

こんにちは。NISHIです。 今日はコチラの本をご紹介。 == 書籍名:驚異のストーリープレゼン 著者名:カーマイン・ガロ 訳:井口耕二氏 → http://grass-ex.jp/Lo30/1175 …

no image

そのゲームのルール、変わってない?

こんにちは。NISHIです。 確かに、 彼こそ歴代の選手の中で最も 「ホームランアーティスト」な 選手かもしれませんね。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/12501 これ、 個人的 …

no image

「サマリー化能力」は身につけるべし。

こんにちは。NISHIです。 昨日は書評ということで、 「アメリカの大学生が 学んでいる伝え方の教科書」 → http://grass-ex.jp/Lo30/12311 というプレゼンの基本的な本を …