経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

販促もリバイバルせよ。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

こちらの記事、
個人的にコンサル的に
「反応」する箇所があります。

http://grass-ex.jp/Lo30/12371

架空請求に関する記事ですが、
個人的にコンサル的に反応した
箇所はコチラです。

==

国民生活センターは5月1日、
「民事訴訟管理センター」と名乗る
架空請求ハガキの相談件数が
3月下旬から急増していると
して注意を呼び掛けた。

(中略)

架空請求の相談件数は
2004年に年間70万件と
ピークを迎えて以来減少傾向だが、

当初はハガキだった手口が
メールに代わり、

最近再びハガキに
戻りつつあるそうだ。

==

このくだりです。
なぜ、この箇所に反応したか、
おわかりになります??

==
当初のメイン手法=ハガキ

ハガキのレスポンスが
悪化したところで
メイン手法がメールに

メールのレスポンスが
悪化したところで
再びメイン手法がハガキに
==

という流れですよね。

架空請求のアプローチ方法も
やっぱり効果効率は大事。
目的も理論理屈も基本、
普通の販促と同じですから。


もちろん、
架空請求を推奨している
わけではありません。

言い換えますと、

昔の手法がリバイバルした
——————————–

という点。
ここ、ポイントです。

このメルマガでも何度か
お伝えしていることでも
ありますが、

ご存知の通り、
販促やマーケティングって
その手法の流行り廃りは
必ずありますよね。

手を変え品を変え、
次々と新しいものが出てくる。

新しいものが出ては反応が取れ、
その反応が落ちる頃には
新しいものがさらに出てくる。
その繰り返しですよね。

と、なりますと、
コンサルとしても
マーケッターとしても
クライアントの反応を
高めるために出来ることって、
大きく分けて【2つ】かと。

1つは、
最新の手法をマスターすること。

もう1つは、
忘れ去られた手法のリバイバル、です。
————————————–

どちらでもいいのですが、
案外、後者の方が
効果的な場合ってあるんですよ。

昔流行った方法ですから、
それ自体忘れている人も多いし、
「効果なんてあるわけない」と、
ハナっから除外する人も多い。

と、いうことは、
プレーヤーが少ないということ。
その市場は【空いている】って
ことなんですよ。

前にもお伝えしたかも
しれませんが、
WEB制作をテレアポで
大量受注できていた会社、
実際にありましたからね。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

分析ツールを使う人、使われる人。

こんにちは。NISHIです。 打ち合わせ前の待ち時間。 ちょっとメールでも返信しようかと スタバでパチパチしていると まわりの会話が気になります。 気になりだしたら 仕事のスピードは10分の1。 それ …

no image

多角化する社長の視点を身につける方法。

こんにちは。NISHIです。 確かにこの記事を見る限りでは 業績は好調のようですが、 この企業を取り上げるんですね… ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/12791 コメント欄にもあり …

no image

【書評】「キリンビール高知支店の奇跡」を読んでみた

こんにちは。NISHIです。 NISHIもたまにはこの手の本を読みます。 == ・書籍:キリンビール高知支店の奇跡 ・著者:田村満氏 ・出版社:講談社 == 元キリンビールの副社長の著作。 競合からの …

no image

ルール化という、コンサルの遊び。

こんにちは。NISHIです。 昔、F総研時代に 当時の社長がこんなことを 言っていました。 「後天的に身につけるのが  可能なものと難しいものがある。  難しいものの1つは、 【ルール化能力】である。 …

no image

立ち帰る「古典」を持っていますか?

こんにちは。NISHIです。 あなたの仕事でも趣味でも 何でもいいですが、 「お手本」ってあります? 教科書でも何でもいいんですけど、 何か基本に立ち返られるようなモノ。 たとえば私の場合、 コンサル …