経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

【書評】「聞き方を変えればあなたの仕事はうまくいく」を読んでみた。

投稿日:2017年5月4日 更新日:

こんにちは。NISHIです。

今日は書評を。
こちらいってみましょう。

==
書籍名:
聞き方を変えればあなたの仕事はうまくいく
著者:上阪徹
出版社:文響社
http://grass-ex.jp/Lo30/12341
==

タイトルだけ見れば
何てことのない
よくある本ではありますが、
この著者、以前別の本で
見たことがあるんです。

職業、ブックライター。
著者はライティングを
生業としており、当然その分、
インタビュー経験は豊富で、
その取材相手の累計数は
3000人を超えるようです。

もちろん、
「なんてことのない本」と
表現したのは文字通りですが、
これは悪く言っているわけでは
決してありません。

インタビューのみならず、
聞く力ってどこでも大事で、
普遍的に必要なスキル。

故に、突飛な方法などなく、
ベーシックな方法を徹底し、
細かな差異をチューニング
できるかどうか。

なので、
突飛な方法などないが故の
「なんてことのない本」
という意味で使っています。

そこで、
本メルマガではコンサルとして
1つだけポイントを挙げますね。

それは、

【リアクション】です。

ヒアリングが下手な人、
ヒアリング初心者によく
ありがちな問題の1つは、
インタビューの際、

==
聞くことばかりに意識が向き、
答えたことに対しての
リアクションが薄くなること
==

のようです。

これは非常に納得で、かつ、
「一体どこが問題なのか?」
ですが、問題なんです。
「リアクションの薄さ」は。

インタビューの際ですと、

==
取材を受けた側は、
答えた内容に対して反応が
なければ、
「この回答でよかったのかな」
と不安に思ってしまう。

それではコミュニケーションが
活性化しない。
==

とのこと。

これがなぜ、
よく実感できるかというと、
プレゼンやセミナーなど、
複数人に向かって話をする
オープンな場を、
これまで散々経験してきたから。

いや、やってみるときっと
おわかりになると思いますが、
かなり嫌なもんですよ。

こちらが一生懸命伝えているにも
関わらず、

腕を組み足を汲み、
眉間にしわを寄せ、
品定めをするかのごとく、
講師側をにらみつける…。

もちろん、
こんな客層の悪い場面ばかり
ではありませんが、
場面が変わっても
リアクションの薄さは
気になるものです。


で、
もちろん、リアクションを
すればいいというものでも
ありませんし、
不自然なものになっても、
それはそれで逆効果。

インタビューやヒアリングも
あくまで会話ですから、
ナチュラルであることが大事。

では、ナチュラルな
リアクションをつくるには
どうすればいいか?

思うに、これ、きっと
【余裕】だと思います。

ナチュラルなリアクションが
結果として生み出されるよう、
「余裕」が必要になる。

その「余裕」は一体、
どこから来るものか?

それは間違いなく、
「事前準備」でしょう。

事前準備の徹底が余裕を生み、
余裕が自然なリアクションになる。

これ、聞く力の第一歩だと
思いませんか?

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

リピート化、固定客化の目安の「法則もどき」。

こんにちは。NISHIです。 こちら。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/12141 この手の商品、 私の世代ですと懐かしいのは ビックリマンでしょうかね? 当時は「箱買い」なんて …

no image

【書評】「驚異のストーリープレゼン」を読んでみた。

こんにちは。NISHIです。 今日はコチラの本をご紹介。 == 書籍名:驚異のストーリープレゼン 著者名:カーマイン・ガロ 訳:井口耕二氏 → http://grass-ex.jp/Lo30/1175 …

no image

「ショックの場に飛び込め」の原則。その意味。

こんにちは。NISHIです。 「人は変化を恐れ拒むもの」とは よく言われることではありますが、 日本人では圧倒的多数の人が このカテゴリーに属するのでは ないでしょうか? 気づけば昨日と同じ選択を、 …

no image

その商売、ハイイメージ化するとどうなる?

こんにちは。NISHIです。 TV番組内で喧伝される 「今流行ってますよ~」って あまり真に受けない方ですが、 時々、自分の中にある 「ちょっと来そうかな?」 という感覚と合致すると、 案外その気にな …

no image

モデル企業特集に「欠けているモノ」は?

こんにちは。NISHIです。 今日は基本に立ち返り、 ごくごく当たり前の話を しようかと思っております。 そこでこちらの記事。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/11861 雑誌のP …