経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

「商品+●●の要素」で、会社が好循環に入る。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

先日、知人との会話がきっかけで
ふと思い出したことですが、

【月次支援】

って、
非常によくできた商品であり、
発明品だと改めて思います。

月次支援とは、
F総研用語かもしれませんが、
言い換えれば

「月次の顧問契約」

ということと同じです。

毎月定期的に顧問先、
クライアントに訪問し、
コンサルティングを行う。

ただそれだけの事と言えば
ただそれだけの事で、
一体どういう点が
「よくできた商品なのか?」
ということです。

何だと思います??
ちょっと考えてみてください。

……………
………
……

いかがでしょう?
何か思い浮かびましたか?

これ、私が見るに、
「ココ」がすばらしい商品だと
思う所以です。

それは、

先の売上見込みが立つ
————————-

という点。

向こう半年だったり、
向こう1年だったり。
その期間は短くとも長くとも、
先の売上見込みが立つという点。

たいてい、
こういった顧問契約って、
1年区切りで行うことが
多いのですが、それだと

1年先まで売上見込みが立つ
———————————

ということです。
当たり前と言えば当たり前。
ですが、これは強い。

なぜか?

必要予算に達成していれば、
いや、そうでなくともです、
新規開拓に躍起にならなくていい。
見込とはいえど、
売上が確保されているから。

そうなると「余裕」もできる。
その「余裕」が新規開拓にも
プラスに働いてくる。
いい循環がまわりはじめる、
ということですね。


さて、
なぜこのことを「ふと」
思い出しかというと、
知人にこのようなことを
教えてもらったのが
きっかけです。

「ボーイング社」という
会社がありますが、
ご存知ですよね??

そう、飛行機のアレ、
ボーイングの会社です。

何でも聞くところによると、
このボーイング社、
7年先や10年先納品の
受注をしているようです。

もちろん、製品の特性上、
納品までに長期の期間を
要するのでしょうし、
入金のタイミングも不明ですが、

それでも
「7年、10年先納品の受注がある」
という事実は変わらず、
先の仕事があるという事実は
変わらないということ。

そこからこの「月次支援」のことを
思い出したというワケ。


その会社が最も得意な商品って、
「看板商品」や
「一番商品」という風に
言われますが、

そういった
看板商品や一番商品って、
先の売上見込みがたつよう、
設計されていればいるほど、
資金繰りもラクになりやすいし、
精神的にも余裕ができます。

結果、受注も増えるという
好循環にハマってくる。

コンサルする場合も、
自分の商品づくりの場合も、
この辺を意識してみては
いかがでしょうか?

では。

NISHI

-日記

執筆者:


  1. lacoste outlet より:

    I enjoy you because of your entire hard work on this site. My niece loves making time for investigation and it’s really simple to grasp why. Many of us notice all about the dynamic means you offer both useful and interesting secrets through this website and therefore strongly encourage participation from visitors on the content then our own simple princess is now discovering a lot. Take pleasure in the remaining portion of the year. You’re the one doing a first class job.

  2. I抎 have to examine with you here. Which is not something I normally do! I enjoy studying a put up that can make people think. Also, thanks for allowing me to comment!

  3. jordan shoes より:

    That is the appropriate blog for anybody who wants to search out out about this topic. You realize a lot its almost arduous to argue with you (not that I really would need匟aHa). You positively put a new spin on a topic thats been written about for years. Great stuff, just great!

  4. yeezys より:

    Thank you so much for providing individuals with an extremely splendid chance to read from this blog. It is usually very terrific and jam-packed with amusement for me and my office colleagues to visit your website particularly thrice in a week to find out the fresh things you will have. And lastly, I am just usually motivated with your extraordinary pointers you serve. Selected 1 areas in this posting are completely the very best we have ever had.

  5. I wish to show some appreciation to the writer for bailing me out of this particular setting. After exploring through the online world and getting tips that were not pleasant, I thought my life was gone. Being alive minus the solutions to the difficulties you have resolved through your main blog post is a critical case, and those which could have in a negative way affected my entire career if I hadn’t discovered your website. Your good talents and kindness in playing with all things was important. I’m not sure what I would have done if I had not come across such a stuff like this. I’m able to at this moment relish my future. Thanks for your time so much for this skilled and sensible guide. I will not be reluctant to recommend the sites to anybody who needs to have guide on this problem.

  6. ferragamo belt より:

    After examine just a few of the weblog posts in your web site now, and I truly like your means of blogging. I bookmarked it to my bookmark web site list and might be checking again soon. Pls check out my website online as nicely and let me know what you think.

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

理想の追求とエレガントな引き算。

こんにちは。NISHIです。 この記事、特に年末にこそ、 ふさわしい記事ではないかと思います。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/11031 今が旬の時期だから? いやいや、そんな訳 …

no image

衰退期から成長期を創り出す方法【その2】

こんにちは。NISHIです。 昨日の続きです。 衰退期のビジネスにおいて、 成長期を創り出すためには、 【マーケットイン】と 【プロダクトアウト】といった 2つの発想を起点にする場合が多く、 マーケッ …

no image

【書評】スタンフォードの自分を変える教室を読んでみた

こんにちは。NISHIです。 今日はちょっとコレを 取り上げてみましょうか。 == 書籍: スタンフォードの自分を変える教室 著者:ケリー・マクゴニガル 訳者:神崎朗子 == これ、かなり売れましたよ …

no image

同じノウハウで違う結果。それを分けるものは…。

こんにちは。NISHIです。 昨日のポイントカードの話、 もう1つ要点がありますので、 今日はそれをお伝えしますね。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/12621 コンサル的な「後追 …

no image

「3桁把握」で自らを「省エネ化」せよ。

こんにちは。NISHIです。 昨日はカーブスの記事を 取り上げてのメルマガでしたが、 そこからコンサルとしての 【思考トレーニング方法の基本】 を1つ思い出しましたので、 今日はそれをご紹介しようかと …