経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

未分類

「組織は上位の2割だけ注力すべし」は本当?

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

昨日のメルマガは
「ムーブユアバス」の
書評でしたが、

コンサルの現場に照らし合わせ、
解釈を交えてポイントを改めて
ザクッとお伝えしますと、

==
・策の実行や改革には
 人選での失敗は許されない

・組織には様々なタイプがいて、
 本書では
 メンバーとして、ランナー、ジョガー、
ウォーカー、ライダーの4タイプ、
リーダーとして、ドライバーの
合計5つのタイプに分類されている。

・組織論の基本原則である
 2:6:2の法則と同様、
 上位の2にあたる「ランナー」に
 火をつけることが最も効率的で、
 その他のタイプにはその特性に合わせ、
 適切に対処することが必要

==

というお話をしたかと思います。

つまり、
「やるやつはやる」し、
「やらんやつはやらん」わけですから、

「やらんやつ」に対し、
いくら労力をかけても
水の泡になることが多いわけです。

だからこそ、
策の実行や改革においては、
人選をミスっちゃダメなんですね。
時間的にも労力的にも資金的にも
そんな余裕はないわけですから。


さて、
今日はその続きと言いますか、
続きなんだけれども、
「一見矛盾しているようなこと」を
お伝えしようと思います。

昔、何かのブログで
読んだことがありますが、
「七人の侍」って大昔の映画、
ありましたよね?
かの故黒澤明監督の作品ですね。

私、この映画を観たことが
ありませんので、
そのブログを見る限りの
私見でしかありませんが、
非常に納得する部分がある。

七人の侍を例に、
理想的なチーム構成について、
組織論を解説した記事ですが、
ポイントはココです。
要約して換言してみますと、

「理想のチームには、
 育てられることそのものを
目的とする者も必要である。
 チームはその弱き者を守り、
 育てることを通じて
 結束が固まり長するものである」

というもの。
7人の侍の中にいるようなんです。
どうみても弱くて頼りなくて、
「なんでいるの?」みたいに
思われるメンバーがいる。

強いチームって、
ややもすれば全員が能力の高い
オールスターが理想のような、
そんな印象を抱きがちかと。

でも、そうとは限らない。
中には能力的には劣る者がいて、
その人間にも役割がある。
それは、他のメンバーによって
守られ、育てられることそのもの。

そういう「弱きメンバー」も
必要なわけですから、
ムーブユアバスで言われる
優秀な「ランナーのみ」に
注力するのは、正しいようで
どこかで歪みが出てくるものです。


昔懐かしい例を持ち出しますと、
当時の読売ジャイアンツの打線が
わかりやすいかと思います。

FAを始めとする大型補強により、
四番打者ばかり並べた打線が
いかにも破壊力があり、
一見太刀打ちできないような
印象を与えたものですが、
意外と機能しなかったんですね。

打線には1~9番まであり、
それぞれの打順には、
戦略や戦術によって
役割というものがあります。

本塁打が必要とされない打順も
戦略戦術によっては当然アリ。
四番打者タイプばかり集めても、
有効でないことは多いのです。

まぁ、四番打者タイプばかり
並べて本塁打やOPSの高さを
重視するのも1つの戦術では
ありますが…。

ともかく、
まずもって「2:6:2の法則」は
高い確率でありますし、
その上位の2に注力することは、
効率の面から言っても正しい。

ただ、
組織は四番打者ばかりで機能する
ものでもなく、
周りに守られ、助けられるような
役割の人間も必要だということ。

このあたりをバランスよく
見れるようになりますと、
コンサルとしても大きな前進かと
思いますね。

では。

NISHI

-未分類

執筆者:


  1. adidas yeezy より:

    It抯 onerous to search out knowledgeable individuals on this topic, but you sound like you understand what you抮e talking about! Thanks

  2. Thanks so much for providing individuals with an extremely terrific opportunity to check tips from here. It is always so superb and as well , packed with amusement for me and my office mates to visit the blog on the least thrice in a week to study the new guides you will have. Of course, I am just at all times contented with your splendid tactics you give. Some 3 ideas in this post are really the simplest we’ve ever had.

  3. cheap jordans より:

    Nice post. I learn one thing more difficult on different blogs everyday. It should always be stimulating to learn content from other writers and observe a little bit something from their store. I抎 want to use some with the content material on my blog whether or not you don抰 mind. Natually I抣l give you a hyperlink on your net blog. Thanks for sharing.

  4. I actually wanted to send a brief word to thank you for all of the splendid guidelines you are giving here. My rather long internet search has now been honored with sensible suggestions to exchange with my co-workers. I would suppose that most of us site visitors are truly blessed to exist in a very good site with many awesome professionals with good opinions. I feel very lucky to have encountered the webpage and look forward to plenty of more awesome minutes reading here. Thank you once more for a lot of things.

  5. It抯 exhausting to seek out educated individuals on this subject, however you sound like you already know what you抮e talking about! Thanks

  6. adidas nmd r1 より:

    I have to show my gratitude for your generosity supporting folks that actually need guidance on this particular area. Your real dedication to passing the message all through became exceptionally insightful and have really helped regular people like me to achieve their ambitions. Your new invaluable hints and tips signifies so much a person like me and far more to my mates. Thanks a lot; from each one of us.

  7. It抯 laborious to search out knowledgeable individuals on this matter, but you sound like you know what you抮e speaking about! Thanks

  8. I have to show my affection for your kindness for those people who must have help with your matter. Your personal dedication to getting the solution around had been unbelievably significant and has frequently helped professionals much like me to get to their aims. Your amazing useful key points entails a great deal to me and further more to my colleagues. Best wishes; from all of us.

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

社畜歴が長期化した人が独立するには?

こんにちは。NISHIです。 ただいま新大阪駅の新幹線の待合室です。 コンサルの朝は早い…w 今日はこれから東京に主張です。 対面コンサルの予定が たくさん入っているんですね。 さてさて、 …

no image

咄嗟のチャンスをつかむ「日常の習慣」とは?

こんにちは。NISHIです コンサル的思考は いかにして身につけるか? このメルマガでは 比較的頻度高く出すテーマかと 思われます。 ま、別段、シリーズにしている わけではありませんが、 思いついた時 …

no image

箱根駅伝、青学チームマネジメントに学ぶこと。

こんにちは。NISHIです。 この時期にありがちな タイトルにしてみました^^ ▼ TVでは箱根駅伝が流れています。 正月の風物詩ですね。 とはいえ私は見ていませんが…w 箱根駅伝といえば、 最近では …

no image

「流行りの終わり」を見極める1つの知識。

こんにちは。NISHIです。 全く同じ情報に触れていても、 そこから「1しか得られない人」もいれば、 そこから「10を得られる人」もいます。 同じ景色を見ているはずなのに、 見える世界が全く違う。 こ …

no image

後継者問題とコンサルとビジネスマン。

こんにちは。NISHIです。 この話、案外、年始向きかと。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/11171 ▼ 日本政策金融公庫の調査によると、 【60歳以上の経営者】のうち、 【50 …