経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

コンサルに「カリスマ性」は必要か?

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

昨日は、

==
誰かにしか
できなかったことを
誰にでも
できるようにすることは
仕組み化であり
翻訳能力の1つだ
==

という話をしました。

職人的発想から商人的発想、
そしてそれに即した手段に
切り替えることで、
販売が効率的になる。

販売が効率的になる、
ということは、
生産性が上がることと
ニアリーイコールですから、
人数においてレベルにおいても
採用のハードルは下がるし、
教育コストも下がってきます。

つまり、
ビジネスの側面から捉えると
メリットは多いわけですから、

仕組み化という翻訳能力は、
それを備えているだけでも
重宝されることになります。


さて、
今日はその話の続きですが、
仕組み化は翻訳能力の「1つ」
という表現でお伝えしました。

そう、
翻訳能力は「他にも」
ありまして、
この能力は後天的にも
鍛えることができますが、
元々持っていたら
アドバンテージは高いかと。

その翻訳能力とは、

カリスマ語の翻訳能力
————————-

です。

はい、こちらの方が
翻訳能力と言う言葉の
本来の意味に近づきますね。


世の中、
どの業種業界にも
カリスマなる人はいます。

それは、
コンサルの世界においても
例外ではありません。

個人が指名買いされがちな
商売ですから、
基本的にエッジがきいていないと
目立たないし指名されにくい。

おまけに
価格が不明瞭な業界ですから、
一見、同じサービスを
提供してくれるのであれば、
カリスマな人、有名な人の方が、
高値を振り切るほどの価値を
感じてしまう人が多く、
内容は二の次でも売れるもの。

そう、
たとえ実力はなくとも、です。
実力と価格が確実に
比例しているわけでは決してない。

いや、ここでは何も
カリスマコンサル=ハリボテ
といっているわけでは
決してありません。

そこは誤解なきよう。

カリスマにいくつか
タイプがあるのです。

1つは先ほどのような
実力のないハリボテタイプ。

もう1つは、
感覚的長嶋茂雄タイプ。

最後に、
難解な雲の上の人タイプ。
まぁ、それぞれに
私の勝手なネーミングです。

それはさておき、
1つ目の「ハリボテタイプ」には、
翻訳者というよりもむしろ
参謀やサポートの人間が必要で、
時にはケツを拭く役回りもできる
真の実力者が必要。
その意味での翻訳者です。

2つ目の「長嶋茂雄タイプ」は、
カリスマ自体の言葉は
非常に影響力が強いものの、
何を言っているかがわからない。
結果、どうしていいかわからず、
実務面で実行に結びつきにくい。

そんな時は、文字通り、
言葉をわかりやすく伝える
翻訳者が必要になってきます。

この点では3つ目の
「難解な雲の上の人タイプ」の
カリスマに関しても同じ。
このタイプは極めて論理的に
物事を伝えられますが、
何せ言っていることが難しい。

「超具体的にしましたよ」

と、本人は言えども
お客からすると超抽象的。

具体と抽象もそうですが、
難易度においても、
カリスマとお客の間の溝は
実際はかなり深いと見ていい。

これら、カリスマのタイプを
便宜上3つに分けましたが、
どれも共通しているのは、

カリスマとお客に距離がある
———————————–

ということ。

だからこそ、
うまく間を埋められる人が
必要になってくるのです。

確かに、
コンサルはカリスマのある方が
見栄えもいいですし目立ちます。
お客も価値を感じやすいでしょう。
ラベルしか見ていませんから。

ただ、
本田宗一郎に藤沢武夫が
いたように、
優秀なNo.2がいてはじめて
輝けるNo.1がいるものです。

その意味でも、
カリスマ性がなくてもOK。
翻訳者の方が長生きできます。

だって、
カリスマを乗り換えれば
いいわけですから。
必然的に賞味期限は
無限にのばせますよ。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

コンサルとして続ける「ちょっとしたコツ」

こんにちは。NISHIです。 このサービス、 あくまで個人的には 違和感しかないっす……。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/12021 とはいえ、 成立しているのであれば それを求 …

no image

そのゲームのルール、変わってない?

こんにちは。NISHIです。 確かに、 彼こそ歴代の選手の中で最も 「ホームランアーティスト」な 選手かもしれませんね。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/12501 これ、 個人的 …

no image

【書評】「超予測力」を読んでみた

こんにちは。NISHIです。 昨日に引き続き今日も書評を。 ピックアップ書籍はコチラ。 == ・書籍:超予測力 ・著者: フィリップ・E・テトロック ダン・ガードナー ・訳:土方奈美氏 ・出版社:早川 …

no image

「粘り強さ」は、コンサルの資質の1つ。

こんにちは。NISHIです。 Newspicsにも掲載されていましたが ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/1771 これ、ホリエモンの言う通り、 ピークシフトや在宅勤務などで 対応で …

no image

コンサルの「筋の良し悪し」の分岐点。

こんにちは。NISHIです。 このメルマガでも何度か 「筋のいいコンサル」と 「筋の悪いコンサル」の 違いを分けるものについて お伝えしたかと思いますが、 それについて1つ、 参考になる記事を 発見し …