経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

「ショックの場に飛び込め」の原則。その意味。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

「人は変化を恐れ拒むもの」とは
よく言われることではありますが、
日本人では圧倒的多数の人が
このカテゴリーに属するのでは
ないでしょうか?

気づけば昨日と同じ選択を、
気づけば慣れ親しんだ選択を、
まるで自動反応のように
行ってしまいがちです。

で、ここ数回といいますか、
このメルマガでは共通して
よくお伝えしていることが
いくつかあります。

その1つが、

事例をストックせよ、です。
————————-

アイデア自体も
基本的に既存のアイデアの
組み合わせですし、

クライアントに対する
処方箋や提案に関しても、
顧客やタイミングに合ったものを
提案する必要があります。

そう、
自身でアイデアを発想するのも
クライアントに適した提案を
行うのにも、
そのベースには【事例】が
必要になってくるわけです。


とはいえ、
ここで注意したいのは、
「事例をストックせよ」と
言われると、

本を買って読んだり、
セミナーに行ってみたり…等々、
お金を払って

加工された情報を取りに行く。
————————————

そんな癖を持っている人、
結構多いのではないかと思います。

でもね、
本やセミナーで聞く情報も、
たとえ企業視察であっても、
それはあくまで
「加工された情報」だということを
忘れてはいけません。

大抵、
何かしらのバックエンドがあり、
その「ゴール設定」に基づいて
逆算し、設計されたものです。

かつ、他の人もお金を払って
同じように加工された情報に
アクセスしている。

と、いうことはですよ、
お金を払って加工された情報を
手に入れたとしても、
周りと差がついているようで
実はついていないこと、結構あります。
ここに気づかないといけません。

で、この点は船井流でもありまして、

「ショックの場に飛び込め」

という成長の原則があります。

これは文字通り、
いつも繰り返すパターン的な
選択ではなく新しい選択をする。

時に自らの身が痛くなるような、
場違い感に苛まれるような場に
飛び込んでショックを受ける事が、
成長には確実で早い。

そんな原則です。

これはいい得て妙で、
冒頭でお伝えした通り、
人は昨日と同じ選択をしがちな生き物。
基本的に変化を恐れ、拒みます。

確かに、
昨日と同じ選択をしたとしても、
同じ選択の中で見えるモノの量は
多くなっているかもしれません。
解像度が高くなるイメージですね。

でも、そればかりじゃ
「自動反応」になりますから、
成長はおろか事例のストックなんて
いつまでもおぼつかないままです。

コンサルとしてクライアントに対し、
適切な提案を適切なタイミングで
行うこと。

この「方法」と「タイミング」を
しっかりつかむことが大事で、
そのベースとなるのはやはり
「事例のストック」なんです。

その「事例のストック」は
新しい選択からもたらされます。

試しに、
近所のお店でまだ入ったことのない
お店に入ってみてはいかがでしょう?

名店だったり新しい発見だったり、
そういった「事例」がゴロゴロと
転がっているものですよ。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

センスのあるコンサル提案、ない提案の違いとは?

こんにちは。NISHIです。 今日は引き続きこの記事をネタに。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/1731 映画のシリーズも三部作。 ユニットの人数も三人。 無駄肉のついたお腹も三段 …

no image

筋のいい社長と会話するための「販促の基本のキ」。

こんにちは。NISHIです。 先日もクライアントのコンサルで 販促の話になったのですが、 まぁ飲み込みが早いわけですね。 こちらの話の飲み込みが。 個人的にはこういう人を 「筋がいい人」と呼んでいて、 …

no image

ズレた提案に気づかないコンサルの特徴。

こんにちは。NISHIです。 コンサルする上で大事といいますか、 必須なことがありまして、それは ・業績アップのポイントを押さえること ・それを現場に即した形で落とし込むこと この2つで、 今日と明日 …

no image

【書評】「ムーブユアバス」を読んでみた。

こんにちは。NISHIです。 今日は書評を。 コチラです。 == 書籍:ムーブユアバス 著者:ロン・クラーク 訳者:橘明美 出版社:SBクリエイティブ == 著者は元々ビジネス畑ではなく、 教師として …

no image

合理的経営判断の「落とし穴」とは?

こんにちは。NISHIです。 こちらの記事、読んでいただきたい。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/1711 ※ 日経ビジネスなので、 ログインしてお読みくださいませ。 経営者にとっ …