経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

【書評】「偶然と運の科学」を読んでみた。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

今日は
「偶然」と「運」について
書かれたこの本から。

==
書籍名:「偶然」と「運」の化学
著者名:マイケル・ブルックス
出版社:SBクリエイティブ
==

口にする、しないの違いはあれども、
「運」を大事にしている社長って
案外多いものです。

私個人的な感覚ですが、
長く続いている会社の社長には
この手の方が多い気がします。

「たまたま運が良かっただけです。」

私もその言葉をよく聞きました。

おそらく、
数字として目に見える部分への
対処をやり尽くしたからこそ、
目に見えない部分を
どうマネジメントするか。
そこに関心が向くのでしょう。

人によっては
寺社仏閣にお参りをしたり、
墓参りの習慣を大事にしたり。

極力、運を敵に回さず、
出来れば味方につける。

そのための
「その人なりの方法論」って
それぞれに何かしらあるものです。


で、この本の中で1つ、
こんなくだりがあります。

==
自分のことを
運が良いとも悪いとも
思っていない人に、

「運が良い」人たちと
同じように考えて
もらうようにしたところ、

被験者はより幸せに、より健康に、
より運がよくなっていった。
==

もし、合理的に運を高められるなら、
これが最も簡単な方法ではないかと
思います。

で、この「運」に関しては
故舩井幸雄も

「成功する簡単な方法は、
 ツイているものと
付き合うことである。」

と言っておられ、
「運」を「ツキ」という言葉に
ほぼイコールの形で
置き換えておられます。

この場合のツイているものとは、
「ツイている人」といった具合に
人である場合も当然ありますが、
「商品」に対しても同じ表現を
用いることが多いのです。

ツイている商品。

つまり、

売上額が伸びている商品、
売れ個数が伸びている商品、
そもそも粗利が高い商品…等々、

業績アップ効率のよい商品って
あるもので、
そういったものから手をつけなさい、
というのが船井流の基本的考えの1つ。

「運に頼るなんてバカバカしい」

と思われるかもしれませんが、
それに対しては半分賛成です。

ただ、目に見える部分への対処は
可能な限り全部行う。
その上で、目に見えない部分、
つまり、運への対処も行う。

これが、経営における
運との付き合い方において
適度な距離感であり、
健全な付き合い方かと思います。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アタリをつけること、できますか?

こんにちは。NISHIです。 昨日は【つきの原則】について お話ししましたが、 ちょっとつかみにくいというか、 もう少し具体的にお話しした方が 使いやすいと思います。 そこで今日は、 この原則の「簡単 …

no image

希少価値の高いコンサル、どこにでもいるコンサル。

こんにちは。NISHIです。 希少価値のあるコンサル。 どこにでもいるコンサル。 その違いはどこにあるのでしょう? 笑い話なんですけど、 笑い話にもできない話がコチラ。 ↓ http://grass- …

no image

統計を読み解くリテラシーを上げる方法

こんにちは。NISHIです。 今日は初心に帰って(?) 統計の見方についてのお話です。 こちら、見方によっては良記事です。 軽く一読を。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/11371 …

no image

顧問先訪問前の「こんなルーティン」。

こんにちは。NISHIです。 昨日は 「聞き方を変えれば  あなたの仕事はうまくいく」の 書評をお届けしました。 1つだけお伝えしたのは、 話し手から多くを引き出すには こちらのリアクションが大事で、 …

no image

個人商店と上場について。

こんにちは。NISHIです。 「上場」って言葉を聞くと、 どんなイメージを持たれます?? ITベンチャーがIPOで 巨万の富を得る… パッとそんなことを想像した私、 はい、思考が古くなっているかも し …