経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

椅子をなくせば業績は上がります⇒⇒????

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

こういう小ネタ、
案外嫌いじゃありません。

http://grass-ex.jp/Lo30/11731

「椅子をなくせば業績が上がる」

この直球すぎるくらい
因果関係がショートカットされた表現、
某神○昌○さんみたいで
軽いノスタルジーに襲われます。
たまに聞く分には嫌いじゃない。

まぁ、とはいえです。
策としては悪くないんですよね。

スタンディング状態での仕事に
切り替えることで、物理的に
社員の基準も変わるわけですよ。

何の基準が?

一作業にかける時間や労力が、
かなり変わってくる。

「座らない」というよりも
「座れない」という
物理的体力的にも制限をかけますから、
一作業あたりにかける時間も労力も
変えざるをえなくなってくる。

一見、くだらない小ネタかも
しれないんですが、
コンサルってこういう小ネタも多数
繰り出す地味な仕事でもあるんですよ。
華やかな側面だけじゃありません。

ともかく、
「座れない状態」にすることで、
「具体的に行動を変えざるを得ない」
状態に持っていく。

こういった
「半ば強制的に変える仕掛け」ってのも
コンサルとしては持っておくべきです。

なぜなら、
クライアントによっては中々、
実行までに時間がかかることがある。
その結果、結果が出るのが遅くなる。
これじゃタイムアウトになる。

だったら、
半ば強制的にでも変える必要がある。
それをソフトにかつ着実に実行に
持っていくのがこういった
「物理的な仕掛け」だったりするわけです。

そういった意味でも、
この策は悪くない。合理的かと。


で、実は、この記事、
コンサルとして大事なポイントが
もう1つあります。
いや、実はこちらの方が大事かと。

それは、演技力。
—————–

「椅子をなくしなさい。
 さすれば業績は上がります。」

って、普通に聞けば、

「いやいやいやいやいやいや」

ってなりますよね?普通は。

でも、ここで紹介されている
企業さんって大真面目にやっている。

で、結果、

「やってよかったです!」

と、胸を張って言っている。

もちろん、
スタンディング状態で作業をすることで
実際に時短につながるでしょうし、
結果は出ているわけですから
この企業にとっては正解なわけです。

一見くだらない策、
一見冗談としか思えない策、
そういった策はたくさんある。

とはいえ、
くだらないと思われそうだから、
冗談にしかとってもらえなさそうだから
ちょっと引き気味に伝えてしまう。

これじゃあ
クライアントは微塵も動かない。
笑って、ハイ、それで終わり。

ではなく、真剣に伝える。
一見くだらないことも。
一見冗談にしか見えないことも。

その根底には演技力が必要。

あくまで
騙すわけではないんですけどね。
実行してもらわないとダメですし、
時間切れになってもダメですから。

では、

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

本を読むことよりはるかに大事なこと。

こんにちは。NISHIです。 今日はコチラの記事から。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/11891 「大学生の半数は全く読書をしない」 のカラクリ ですから、 内容も予想通りと言え …

no image

「結果の出やすいものファースト」で。

こんにちは。NISHIです。 昨日は、井村屋さんに関する 記事を引き合いに出しながら、 【セオリーと非セオリー】の 話をしましたよね。 セオリーを踏まえた上での 非セオリーにへの挑戦はいいですが、 セ …

no image

アタリをつけること、できますか?

こんにちは。NISHIです。 昨日は【つきの原則】について お話ししましたが、 ちょっとつかみにくいというか、 もう少し具体的にお話しした方が 使いやすいと思います。 そこで今日は、 この原則の「簡単 …

no image

コンサルが常に思考を巡らせるべき●●ラインとは?

こんにちは。NISHIです。 そりゃこちらの会社、 今となってはこのビジネスモデル、 キツイと思いますよ……。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/12421 ▼ かなり昔の話ですが、 …

no image

フロントとバック。セールス以外への応用法。

こんにちは。NISHIです。 「型」と「応用」がありますが、 「型」を知っているだけでは それほど役に立ちません。 それはあくまで 「知識」として知っているにすぎず、 「知恵」として使えるレベルにまで …