経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

コンサルは、折を見て【3つの策】を使い分けよ。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

LCC、便利になりましたよね。
私もたまに使います。

http://grass-ex.jp/Lo30/11661

今日はこの話を題材に、
【コンサルとしての打ち手】
についてお伝えしましょう。


コンサルがクライアントに対し、
提案する策には、
大きく分けて3つの策があります。
策とは打ち手と同じ意味で使っています。
では、ご紹介しましょう。

1つ目は【鉄板の策】。

トークでも「鉄板ネタ」があるように、
コンサルの策としても鉄板はあります。
それは業種業態によって
内容も効果も異なりはしますが、
ともかく高い確率で顧客の望む成果、
それ以上の成果を出せる策のこと。

2つ目は【積み上げの策】。

一見地味な策ではありますが、
実行してコツコツ継続すれば
着実に形になっていく策。
まさに、成果を積み上げる策のこと。

3つ目は【極端な策】。

非常に派手といいますか
大味ともいっていい極端な策。
文字通り、

「得たい成果を極端にストレッチし、
 そこから逆算した極端な策」

という表現でよいかと思います。

コンサルの性格にもよるところですが、
慎重なタイプのコンサルほど、
1や2のような、
「成果が出る確率は高いけど
 現状の延長線上でしかない策」
をチョイスしがちです。

別にそれが悪いと言っている
わけではありません。

繰り返しますが、
1や2のような策ばかりだと、
結果も「現状の延長線上」であり、
かつ、「予定調和的な結果」に
しかなり得ないからです。


そこで冒頭のLCCの記事を
見てみましょう。そこには、

==
・保安検査場に
 スマートセキュリティシステムを
 導入した。

・顧客の待ち時間は
これまでの3分の1になる。

・内容としては、
 トレーの移動を自動化し、
 トレーの流れるレーンの長さも
 従来の空港の2倍にした

・それにより、
 1時間当たりの対応人数が
 180人から300人に増える

・その他には
 ボディスキャナーの導入で
 検査の手間を省く
==

という内容が記載されていたかと
思います。

ま、文面から解釈するに、
あくまで試算的数字であり、
結果検証にはまだ至っていない
数字であり内容なのでしょう。

とはいえ、
時間が3分の1になるということは、
スピードが3倍になるということ。

同じことをするに、
ラクに、かつ、スピードは3倍。

これ、3つ目の
【極端な策】に当たると思いませんか?

コンサルの策を考える上で大事なのは、
やはり、現状の延長線上のみに
とどまらないようにすること。

確実に成果を出すことも大事ですが、
発想や出す結果が縮こまらないよう、
極端に考えることも、
時には必要なのです。

ただし、
極端な成果を求めること。
これは劇薬でもあります。

人間、変化が嫌いな生き物です。
大抵の人は、変わりたくない。
いくら成果が出るとわかっていても、
なぜか慣れ親しんだ方法を選択しがち。

策が劇薬なほど、
クライアントは拒否反応を示すもの。
せっかくの妙案も、
ハナっから拒否されてしまっては
元も子もありません。

かといって、
時には目標をグッとストレッチ
しなければならない時がある。

どうすればいいか?

まず、1つ目の策である
【鉄板の策】を放り込み、
クライアントが望む以上の
結果を出すことで、
信頼を獲得すること。

そして、2つ目の策である
【積み上げの策】を用い、
コツコツと成果を出すことで、
信頼を厚くしていくこと。

この2つを行いながら、
折を見て3つ目の策、
【極端な策】を放り込むのです。

そうすれば、
劇薬でも受け入れてくれる
可能性が高くなります。

コンサルは、
策の時と順番を間違えないこと。

そして、
時に極端に考えることも必要です。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


  1. Hi, its nice piece of writing about media print, we all be familiar with media is
    a great source of facts.

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

チームメンバー、数の原則。

こんにちは。NISHIです。 連日、こちらのメルマガでは、 2:6:2の法則を始めとする 「人選の重要さ」について お伝えしております。 そりゃもちろん、 ビジネスモデルやノウハウが 時流を捉えたもの …

no image

その業界人の癖、知ってます?

こんにちは。NISHIです。 スクール業コンサルを していた友人から以前、 こんな話を聞いたことがあります。 「習い事の先生って、  自分の商売に思い入れが 強い人が多いんですよね」 ということで、 …

no image

コンサルティング営業という謎フレーズに迫る。

こんにちは。NISHIです。 ビジネスの世界によくある 「謎フレーズ」の1つに 「コンサルティング営業」 というものがあります。 聞いたこと、ありますよね? 営業職の方や営業をされている方で このコン …

no image

販促もリバイバルせよ。

こんにちは。NISHIです。 こちらの記事、 個人的にコンサル的に 「反応」する箇所があります。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/12371 架空請求に関する記事ですが、 個人的に …

no image

法人営業の決定率・受注率を上げる3ステップとは?

こんにちは、NISHIです。 今日は営業の決定率・決定率を上げる 方法をお話ししましょう。 わたくし、営業マン研修を担当することも ありまして、営業は得意です。 そもそも独立系のコンサルとして 活動し …