経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

コンサル成功確率を100%にする簡単なコツ

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

コンサルになりたい人もそうでない人も
知っておいた方がいいことがあります。

それは「客選び」です。

お客の選び方。人選ですね。

コンサルになりたい人であれば
コンサル成功確率を高めるために
ビジネスマンであれば
つつがなくトラブルが起きないように

「誰とつきあうか」

は、成功確率を高めるために
極めて重要なこと。

船井時代にも故舩井幸雄かどなたかが
言っていた記憶がありますが、

「コンサルの指導成功確率を
100%にするにはコツがある。
それは、
100%成功する会社と付き合うことだ。」

と。

これはまさにいい得て妙で、
うまくいく社長は何をやってもうまくいくし、
ダメな社長は何をやってもダメなのです。

これが真実。

もちろん、ノウハウを軽視している
わけじゃないですよ。
原則もノウハウも大事。その上で、です。

たとえばですね、間違っても
「こんな人と付き合ってはいけない」のです。


https://curazy.com/archives/151577

いい年して世帯まで持って
ここまでのバ○っているもんです。

まぁ、この話がどこまで
本当かはわかりませんけど、
割と想像つきますよね??

マナーのよろしくないご年配の方も
多数見受けられる世の中ですから。

この話、一般人の話ではありますが、
社長でもこんな人いるんですよ。
いや、本当にいるんです。

「アンタ、なんで社長になったの?」
ってくらい、イタイ人。
本当に社員さんがかわいそうになります。

ただ、ここでいう「本物のバ○」は
一般人のソレとは少しばかり定義が違って、
常識がないとか
考える力がないとか
そういうところじゃないんです。

当然、考える力は最低限必要ですけどね…。

社長における「本物のバ○」。
ここではこう言い換えます。

「付き合ってもうまくいかない社長」。

それを見極める上で大事な原則があります。

それは

「成功の三原則に明らかに反する社長」

のこと。
これ、実によくまとまっています。
極めて美しい。

その成功の三原則とは、

素直、
プラス発想、
勉強好き

の3つ。

ですからダメな社長、
付き合っちゃいけない社長はこの逆。

すなわち、

全然素直じゃない。
⇒提案を全く受け入れる気なし。

すぐに、いつも、マイナス発想。
⇒いくら成功確率が高い策でも無理。

勉強嫌い。
⇒100%コンサル任せじゃ伸びる余地なし。

といった具合。
ここに明らかに反する社長からは
仕事を受けちゃいけないんです。

見事なまでに業績は上がらないし、
高確率でトラブルにもなる。

一般のビジネスマンでも同じですよ。
取引先を選ぶのは難しいかもしれませんし、
出会う上司もまたご縁。
それでも、自分の身を守るのは自分しかない。
何をやっても無理な人はバッサリ切る。

それに、自分の看板を傷から守るのも
自分しかいないのです。

ではまた。

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

まさか、逆転の発想とか、狙ってない?

こんにちは。NISHIです。 今日は「こちらの記事」から 【セオリー】と 【非セオリー】について お伝えしたいと思います。 こちら、ですね。 ↓ 加計だけじゃない。安倍官邸を襲う「第3の森友」国際医療 …

no image

マーケットを「ズラす」時に必須の●●の見直しとは?

こんにちは。NISHIです。 長所進展。 これは、 「短所を是正していくよりも、 長所を伸ばし展開することに 注力せよ。 さすれば短所も消える。」 といった 船井流の原理原則の1つのこと。 これは自己 …

no image

時間管理の巻。気忙しい師走に終止符を。

こんにちは。NISHIです。 今年も早いもので、 12月に突入しました。 12月は師走。 確か「師匠も走るくらい忙しい時期」と 教わったような記憶がありますが、 これに関しては諸説ある模様。 由来に関 …

no image

顧問先訪問前の「こんなルーティン」。

こんにちは。NISHIです。 昨日は 「聞き方を変えれば  あなたの仕事はうまくいく」の 書評をお届けしました。 1つだけお伝えしたのは、 話し手から多くを引き出すには こちらのリアクションが大事で、 …

no image

広告の「選別基準」は費用対効果だけ?

こんにちは。NISHIです。 リマインド。 ご存知の通り、 思い出させる、気づかせる という意味ですが、 リマインドメールなどの 用語で使われますよね。 広告においても この「リマインド」という要素、 …