経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

コンサルなら「線引きをする勇気」を持て。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

船井流がわかりやすくわかる本に
「船井流101の経営法則」という
ものがありまして、
私もたまに見返すことがあります。

基本的な項目がコンパクトに
収まっている本ってどの分野でも貴重で、
だからこそ「図解」などのムック本って
それなりに需要があるのだと思います。

受験勉強でもうす~い参考書や問題集から
スタートする方がとっつきやすいですから。

さて、その101の経営法則に
「ショックの場に飛び込め」
という項目があります。

自分がショックを受ける場。
たとえば、
これまでの経験や力量が
全くといっていいほど
通用しない場に身を置くことも1つ。

思い通りに行かない場、
居心地の悪い場、
逃げ出したくなるような場に
身を置くことは成長の糧となる。

自らの成長のためには、
やはり、それくらいの荒療治の方が
効果的だということです。

とはいえ、
コンサルをしたいなら
気を付けておくべきことがあります。

それは、
線引きは明確にせよ、ということ。
————————-

いくら「ショックの場に飛び込む」こと
=自分の成長につながる、とはいえ、
便利づかいされてはいけません。

アイデアはタダだとか、
契約しているんだから、
モトの何倍も働かせてやろうとか、
いまだにそういった貧相な発想しか
出来ない輩は多いものです。

コンサルの世界だけに関わらず、
これも全く同じ。

http://grass-ex.jp/Lo30/11411

読んでると「あほらし」って思います。
「そんなのやめりゃいいのに」って。

本当に相手のためになることと
便利使いされることは全く違います。
だからこそ、

線引きは明確にする必要がある

わけです。

成長のためには、自ら
ショックの場に飛び込むことは必要。
居心地の悪い場所を体感する。
逃げ出したくなる思いも乗り越える。

ただ、冷静に見極める必要もある。
逃げ出したいを正当化する理由ではなく、
「これは便利使いされているだけ?」と。

何でもかんでも仕事を受ける、
ボランティアでやるのはもっての外。

形のない商売ですからその分、
線引きをする勇気も必要になります。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

コンサルとして続ける「ちょっとしたコツ」

こんにちは。NISHIです。 このサービス、 あくまで個人的には 違和感しかないっす……。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/12021 とはいえ、 成立しているのであれば それを求 …

no image

リピート化、固定客化の目安の「法則もどき」。

こんにちは。NISHIです。 こちら。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/12141 この手の商品、 私の世代ですと懐かしいのは ビックリマンでしょうかね? 当時は「箱買い」なんて …

no image

【書評】「ミニマル思考」を読んでみた。

こんにちは。NISHIです。 今日は書評ですね。 コチラをピックアップ。 == ・書籍:ミニマル思考 ・著者:鈴木鋭智氏 ・出版社:かんき出版 == この本、ばーーっと読んでいると 未だに耳についてい …

no image

フリーランスが自分の身を守るために必要な「○○意識」とは?

こんにちは。NISHIです。 先日はクライアントとの打ち合わせを 思いのほか長引かせてしまって、 「これはかなりよくないな」と反省。 久々に「らしくないこと」を してしまったわけですが、 これ、聞く人 …

no image

【書評】「キリンビール高知支店の奇跡」を読んでみた

こんにちは。NISHIです。 NISHIもたまにはこの手の本を読みます。 == ・書籍:キリンビール高知支店の奇跡 ・著者:田村満氏 ・出版社:講談社 == 元キリンビールの副社長の著作。 競合からの …