経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

「アンケート」と聞いて何を想像する?

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

先日も外でランチでしたが、
飲食店ってテーブルにアンケートを
設置しているお店、結構多いですよね。

私、一度も書いたことありませんが、
あります??書いて出したこと。

よく「社長室直行」なんて
書かれていたりしますけど、
ああいうのって毎月どれくらい
使える回答が返ってくるのかなぁと
思うこともしばしば。

カレーのココイチの創業者さんは
確か、毎日アンケートに目を通し、
「改善を地道に積み重ねてきた」
というくだりをどこかで聞いた記憶が
ありますので、アンケートも
あながち無駄ではないかなと。

ま、ココイチの場合だと
店舗数が全国に相当数ありますから、
たとえ1店ああたりに回収できる
アンケート数が少なかったとしても、
チェーン全体だと累計でかなりの
数が回収できます。
であれば、意味はありますよね。

さて、ここ最近、繰り返し繰り返し
「マーケッター視点を養うべし」と
お伝えしていますが、

顧客の意見を吸い上げる手段=アンケート
アンケート=顧客の意見を吸い上げるモノ

と、頭の中で
自動的に回路が出来上がっている人って
いまだに多いんじゃないかなーと思います。

つまり、
アンケートという言葉にひっぱられている、
———————————————–

というわけです。

スケールメリットで一定数以上、
回収できるのならまだしも、
思考停止になって無目的で取り組んでも
印刷代のムダでしかないかなと。

で、
マーケッター視点を身につけ、
マーケッター能力を磨き、
コンサルでもビジネスマンでも
必要とされる人間になるためには、

自分で言葉を定義しなおすこと。
———————————-

これが必要です。

たとえば、今日、
話題に出しているアンケート。

確かに、
「アンケート=顧客の意見を吸い上げるモノ」
でもありますが、そうとも限りませんよね?

【さるまけ】でも、アンケートは
【顧客の評判を集める手段】として
紹介しましたし、
アンケートを【販促物】として使う
という方法もあるにはあるのです。

この場合、アンケートは、
人によって定義の仕方によって、

顧客の意見を吸い上げるモノや
顧客の声、評判を集めるツール、
販促ツールにもなるわけ。

マトモなマーケッターになりたいなら、
一般的な言葉の定義に引っ張られず、
自分で定義できる能力は必須。

格好いいっぽい表現をするならば、
「本質を見極めよ」という表現に
なるのでしょうが、少し大げさかな。

ともかく、
・言葉の定義に引っ張られていないか?
・言葉を定義しなおすとどうなるか?
を、自分の感覚でやってみてください。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


  1. of course like your web-site however you need to check the spelling on quite
    a few of your posts. A number of them are rife with spelling issues and
    I in finding it very troublesome to inform the reality
    however I will definitely come back again.

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

会社の業績と鏡写しの習慣は「社長の○○」

こんにちは。NISHIです。 おそらくこのメルマガでは ここ数回のテーマとして、 社長の癖を見る、だとか、 社長の過去のパターンや 成功パターンを見る、だとか ヒアリングも 真正面から行うのは前置きで …

no image

【書評】「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか」を読んでみた

こんにちは。NISHIです。 今日は書評です。 題材はコチラ。 == ・書籍: なぜ、あなたの仕事は終わらないのか ・著者:中島聡氏 ・出版社:文響社 → http://grass-ex.jp/Lo3 …

no image

クライアントに対する「フレームの使い方と外し方」

こんにちは。NISHIです。 コンサルティングでは、 業績アップをはじめとする施策を 実行、検証、定着させるため、 目的に合わせて幹部や現場の方を交え、 ミーティングを行うことが多々あります。 社長と …

no image

コンサルは「柔vs剛」、どっちが正解?

こんにちは。NISHIです。 コンサルの現場においても 【処世術】というものは 意外と大事な要素になります。 ノウハウさえあれば、 ビジネスモデルさえ強固であれば、 トレンドに乗りさえすれば… 確かに …

no image

できるコンサルの「1冊のノート」。

こんにちは。NISHIです。 気が付けばもう3月も 月の折り返し地点を過ぎました。 そうこうしているうちに 3月も終了するわけですから、 その時点で実に1年の 4分の1 ——- …