経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

コンサルに「魔法の杖」はない。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

最近の企業の流れとしては、
「時短」の方向に向かっていますよね。

http://grass-ex.jp/Lo30/1831

24時間営業を廃止する企業が
増えているわけですが、当然、
成果が同じであれば時短がよいです。
いつの時代も「生産性」は
重要な指標なのですから。

何かの記事かメルマガかで見ましたが、
そもそも日本は諸外国と比べて
生産性は低いみたいですね。

ま、昼間にカフェに入ると
「サボリーマン」だらけですから
それはそれで納得なのですが、
逆に相当優秀な方ばかりかも…

繰り返しますが、何はともあれ、
成果が同じであれば
時短の方がよいことは確かで、
その上で制度変更するのであれば、
それは問題ないことかと。


さて、ここで考えたいのは、
「仕組みの変更について」です。

営業時間を短縮し、
それに伴い就業規則を変更し、
それに伴い評価制度を変更する…

などなど、これらのことって
【仕組み】であり【手段】です。

そうですよね?

・24時間営業を求めるお客も減った
・深夜営業の人件費や光熱費は負担大
・従業員の心理的負担も大きい

それなら、

・ピークタイムでのサービスを厚くする
・長時間営業以外の付加価値をつける
・その方がお客様のためになる

つまり、
24時間営業という制度そのものが
時代や実態に即さなくなってきた。

ゆえに、

「賞味期限切れの制度を変えること」

という

「手段」

に行きつきやすいわけですが、
ここには「注意」が必要です。

それは、

仕組みに魔法を求めない
——————————

ということ。

「仕組み」という言葉は
実に不思議な響きを持つ言葉。

まるでそれさえ導入すれば
すべてが解決するような、
いわば「魔法」であるかのような
錯覚をするケースが多々あります。

しかし、
それはあくまで「錯覚」にすぎない。

なぜなら、
【仕組み】は【環境】であり、
【環境】は【慣れるもの】だから。

そう、環境は慣れるものなのです。
——————————–

営業時間を短くしても
「労働時間が長い」と嘆く人間はいるし、
給与を上げたとしても
「給与が安い」と嘆く人間はいる。

だからこそ、仕組みを導入する前に、

まずは、
「働く人のマインドを整える」こと。

加えて、
「整える余地のあるマインドの
人間を採用する」こと。

こちらの方がはるかに大事。

もちろん、
企業によって事情や
ステージがありますから、
仕組みの導入と採用、教育は
同時並行でもいいのですが、
決して片手落ちではいけない。

採用や教育に注力する会社は、

「どうにもならない人間を採用すれば
 どうにもならない」

ことをよーーーくわかっているから、
力を入れるのです。

仕組みは万能ではないのです。
あくまで手段の1つ。
何のために仕組みを導入するのか、
よーーく考えましょう。

さて、あらためて
冒頭の外食チェーンさんだと

「仕組みの変更の目的」と
「仕組みの変更と同時にすべきこと」って
一体何でしょうね?

その辺を想像してみるのも
コンサルトレーニングの一環です。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


  1. I have read so many content regarding the blogger lovers but
    this piece of writing is genuinely a good article, keep it up.

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

大福帳を育てる。

こんにちは。NISHIです。 昨日の「海外販路開拓セミナー」でも お話ししていたことなのですが、 自社の、そしてご自身の 「大福帳」って、おろそかにしていないです? ご存知の通りNISHIは呉服業界の …

no image

「コンサル=華やか」と思っている人へ。

こんにちは。NISHIです。 昔、船井時代の研修ですかね? こんなビデオを見たことがあります。 企業再生のため、老舗旅館に乗り込む 1人のコンサルタント。 改革やむなし、 改革待ったなしの空気の中、 …

no image

片手落ちのリサーチは即死に直結する。

こんにちは。NISHIです。 ここ最近のメルマガでは、 セオリーと言いますか、 改めてコンサルの基本として、 視点や 原則や ノウハウや 考え方など をお届けしていますが、 やはり基本に立ち返ることは …

no image

チームメンバー、数の原則。

こんにちは。NISHIです。 連日、こちらのメルマガでは、 2:6:2の法則を始めとする 「人選の重要さ」について お伝えしております。 そりゃもちろん、 ビジネスモデルやノウハウが 時流を捉えたもの …

no image

賞味期限切れした権威、まだ使ってる?

こんにちは。NISHIです。 コンサルの現場に出ると、 その場でPOPなど、 販促物をつくることがあります。 「コピーライティング」 となると、 もちろん私の領域ですから、 何てことないのですが、 何 …