経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

コンサルに「魔法の杖」はない。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

最近の企業の流れとしては、
「時短」の方向に向かっていますよね。

http://grass-ex.jp/Lo30/1831

24時間営業を廃止する企業が
増えているわけですが、当然、
成果が同じであれば時短がよいです。
いつの時代も「生産性」は
重要な指標なのですから。

何かの記事かメルマガかで見ましたが、
そもそも日本は諸外国と比べて
生産性は低いみたいですね。

ま、昼間にカフェに入ると
「サボリーマン」だらけですから
それはそれで納得なのですが、
逆に相当優秀な方ばかりかも…

繰り返しますが、何はともあれ、
成果が同じであれば
時短の方がよいことは確かで、
その上で制度変更するのであれば、
それは問題ないことかと。


さて、ここで考えたいのは、
「仕組みの変更について」です。

営業時間を短縮し、
それに伴い就業規則を変更し、
それに伴い評価制度を変更する…

などなど、これらのことって
【仕組み】であり【手段】です。

そうですよね?

・24時間営業を求めるお客も減った
・深夜営業の人件費や光熱費は負担大
・従業員の心理的負担も大きい

それなら、

・ピークタイムでのサービスを厚くする
・長時間営業以外の付加価値をつける
・その方がお客様のためになる

つまり、
24時間営業という制度そのものが
時代や実態に即さなくなってきた。

ゆえに、

「賞味期限切れの制度を変えること」

という

「手段」

に行きつきやすいわけですが、
ここには「注意」が必要です。

それは、

仕組みに魔法を求めない
——————————

ということ。

「仕組み」という言葉は
実に不思議な響きを持つ言葉。

まるでそれさえ導入すれば
すべてが解決するような、
いわば「魔法」であるかのような
錯覚をするケースが多々あります。

しかし、
それはあくまで「錯覚」にすぎない。

なぜなら、
【仕組み】は【環境】であり、
【環境】は【慣れるもの】だから。

そう、環境は慣れるものなのです。
——————————–

営業時間を短くしても
「労働時間が長い」と嘆く人間はいるし、
給与を上げたとしても
「給与が安い」と嘆く人間はいる。

だからこそ、仕組みを導入する前に、

まずは、
「働く人のマインドを整える」こと。

加えて、
「整える余地のあるマインドの
人間を採用する」こと。

こちらの方がはるかに大事。

もちろん、
企業によって事情や
ステージがありますから、
仕組みの導入と採用、教育は
同時並行でもいいのですが、
決して片手落ちではいけない。

採用や教育に注力する会社は、

「どうにもならない人間を採用すれば
 どうにもならない」

ことをよーーーくわかっているから、
力を入れるのです。

仕組みは万能ではないのです。
あくまで手段の1つ。
何のために仕組みを導入するのか、
よーーく考えましょう。

さて、あらためて
冒頭の外食チェーンさんだと

「仕組みの変更の目的」と
「仕組みの変更と同時にすべきこと」って
一体何でしょうね?

その辺を想像してみるのも
コンサルトレーニングの一環です。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

まともな企画書を書くための3つの要点

こんにちは。NISHIです。 コンサルをしていてよく思うことが 「企画書を書けない人」って 案外が多いということ。 みなさん、意外と書けないんですね。 着想したアイデアの輪郭を明確にし、 ↓ 対象、ニ …

no image

超縮小産業で成長する3つのポイント(その2)

こんにちは。NISHIです。 昨日は 超縮小産業でも成長するための 3つのポイントとして、 == 1.しがらみを無視する力 2.どろ縄式の展開 3.時流を付加する == をピックアップしました。 元ネ …

no image

コンサルにお金を払う価値があるのか?

こんにちは。NISHIです。 コンサルの仕事ってよく 誤解されがちといいますか、 全体像が今ひとつハッキリしない 職業のひとつではないかと。 モノのように扱う商品に 形があるわけではありませんし、 か …

no image

閉じた発想の社長には気をつけるべし。

こんにちは。NISHIです。 何度かこのネタは使いましたが、 やはりまだまだ旬なのもありますし、 その業界で圧倒的な結果を出せるのは とてもすばらしいこと。 記事が変われば視点も変わりますから、 ひと …

no image

なぜ、コンサル契約が打ち切られるのか?

※ネガティブ系だぜ^^/ こんにちは。NISHIです。 少々ネガティブ目なタイトルです。 コンサルティング契約において、 その長さも二分されるのは確か。 契約が長く続く人もいれば、 中々ご縁が続かない …