経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

2:6:2の法則で「社長の審美眼」を養う話①

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

今日は、コンサル用語(?)として
ちょっと頭に入れておくといいかも、
といった知識を1つ。

2:6:2の法則
———————

という言葉はご存じですか?
まぁ、あまり一般的ではない
かもしれませんし、
知らないことが恥でもない。

知らないことが恥ではなく、
知ったことを活かせない、
活かそうとしないことこそ恥。

と、いうことは、
このメルマガをお読みになった
ということは…

話を戻しましょう。

2:6:2の法則というのは、
組織マネジメントを語る上で
よく使われがちな法則らしきもの。

どんな組織も、
上位2割、
中位6割、
下位2割、
の3つの階層に分かれるとされ、

<上位2割>

トップが特に何も言わなくても、
期待以上の成果をあげる人達。

<中位2割>

優秀寄りの人とダメ寄りの人が
混合している中間層の人達。

<下位2割>

期待した成果をあげられない、
全く成長しないなど、
その組織の基準上、ダメな人達。

といった感じの割り振りになる、
といったもの。

で、先ほど「法則らしきもの」
という表現をしましたが、
それはこの法則らしきものが、
半分本当で半分ウソだと思うから。
その辺は別の機会にお伝えしましょう。


さて、組織マネジメントに対し、
この2:6:2の法則を応用するとなると、

上位2割に注力し、
中位6割はなるべく上位に引き上げる。

このやり方が「セオリー」になります。

間違ってませんよね?
非常に合理的。
伸びる人は伸びるし、
伸びづらい人は伸びづらい。

求める成果に対しては、
必ず時間が付随してきます。

その時間軸と合わせて、
待てない時は待てない。
だとすれば効率が大事。

1つ教えたことに対し、
期待以上の成長を見せられるか。

その辺のコスパや効率を考えると、
この方法は正しいといえます。

で、実はここからが
昨日の話とつながるところ。

昨日の話は「ちょいネガ」寄りで。
コンサルにしても営業にしても、
なぜか契約が切れる場合がある。

社長から契約を打ち切られるには、
様々な要素があるわけですが、

成果はあげているにも関わらず、
知らず知らずのうちに
地雷を踏んでゲームオーバー。
そんなケース、結構あるわけです。

それって原因が、
ちょっとした立ち居振る舞い
だったりするなど、
自分の一挙手一投足が見られている。

自分の想像の3倍以上は見られている。

そう思った方がよいです。
そんな話でした。

これって
「社長のコンサルに対する審美眼」
ともいえるわけですが、
実は逆のパターンもあるのです。

つまり、「社長に対する審美眼」
というものもあって、

付き合ってOKな社長もいれば、
付き合っちゃNGな社長もいる。

そこを見極める審美眼を持つ、
ないし養っていった方がよいのです。

OK、NGの定義は人によりけりですが、
ここで取り上げたい
「付き合っちゃNGな社長」とは、

・契約してもどこかで揉める確率が高い人
・精度の高い策を導入しても失敗する人

といったような意味合いで
この言葉を使っています。

そこで今日の話題、
2:6:2の法則についてですが、
実はここの「取り扱い方」において、
付き合ってOK社長とNG社長の
分岐点になるポイントがあります。

長くなりそうなので、
その辺は明日にまわしますが、
ひとまず今日は、

・組織論を語る上で、
2:6:2の法則というものがある。

・伸びる人を伸ばすのが効率的。
 そのため、
上位2割の人たちや、
 中位6割の中の有望株に
 リソースを投入するのがセオリー。

・社長の2:6:2の取り扱い方は、
 人となりが現れる重要ポイントの1つ

くらいを知っておくだけでOKかと。
話のネタにもなりますし、
ご自身の組織にも活かせますから。

組織の大小は関係ありません。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


  1. yeezy boost 350 より:

    Whats up! I just would like to give a huge thumbs up for the good info you’ve got right here on this post. I might be coming again to your blog for extra soon.

  2. ultra boost 3.0 より:

    I needed to post you one very little note to help say thank you over again on the fantastic views you’ve discussed in this article. This has been so wonderfully generous of people like you to provide openly what exactly a lot of folks could have marketed for an e book to generate some bucks on their own, mostly now that you might well have tried it in case you decided. Those thoughts also acted as a fantastic way to be aware that many people have a similar keenness like mine to realize way more when it comes to this issue. I am certain there are millions of more fun sessions up front for many who see your blog post.

  3. adidas nmd より:

    I抎 have to check with you here. Which is not something I usually do! I enjoy reading a submit that will make individuals think. Also, thanks for allowing me to remark!

  4. yeezy shoes より:

    I simply wanted to thank you so much again. I am not sure the things that I would have handled without these methods contributed by you relating to this field. It became a frightening setting for me, however , viewing a new specialised strategy you treated it made me to weep for fulfillment. I am just happy for your help and in addition believe you recognize what a great job you are always doing educating many people with the aid of your web site. Most probably you have never met any of us.

  5. I am often to running a blog and i actually admire your content. The article has really peaks my interest. I am going to bookmark your web site and maintain checking for new information.

  6. yeezy shoes より:

    My wife and i were now excited when Louis could deal with his research from the precious recommendations he had out of the web pages. It’s not at all simplistic to simply continually be giving away information which usually the rest might have been trying to sell. We really consider we have the writer to thank for that. Those explanations you’ve made, the simple website navigation, the friendships you assist to promote – it is most sensational, and it’s letting our son in addition to the family believe that this matter is cool, and that’s highly fundamental. Thank you for everything!

  7. I抦 impressed, I must say. Really not often do I encounter a blog that抯 both educative and entertaining, and let me inform you, you’ve hit the nail on the head. Your concept is outstanding; the difficulty is one thing that not sufficient persons are speaking intelligently about. I’m very pleased that I stumbled throughout this in my search for one thing relating to this.

  8. jordan retro より:

    I discovered your blog web site on google and check a number of of your early posts. Proceed to maintain up the excellent operate. I simply additional up your RSS feed to my MSN News Reader. In search of ahead to reading extra from you in a while!?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ズレた提案に気づかないコンサルの特徴。

こんにちは。NISHIです。 コンサルする上で大事といいますか、 必須なことがありまして、それは ・業績アップのポイントを押さえること ・それを現場に即した形で落とし込むこと この2つで、 今日と明日 …

no image

【書評】「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか」を読んでみた

こんにちは。NISHIです。 今日は書評です。 題材はコチラ。 == ・書籍: なぜ、あなたの仕事は終わらないのか ・著者:中島聡氏 ・出版社:文響社 → http://grass-ex.jp/Lo3 …

no image

「ついでに」やる。「被せて」やる。

こんにちは。NISHIです。 昨日のメルマガでは スケールメリットが スケールデメリットになる 瞬間の恐ろしさをひとつ、 お伝えしたかと思いますが、 今日は少々それと「被る」話。 ▼ 先日の 「非稼ぐ …

no image

【書評】「普通の人でも確実に成果が上がる営業の方法」を読んでみた。

こんにちは。NISHIです。 今日は書評をお届けしましょう。 ピックアップ本はこちらです。 == 書籍: 普通の人でも確実に成果が上がる 営業の方法 著者:長尾一洋 出版社:あさ出版 → http:/ …

no image

「小型ファミコン国内発売」をこう読む

こんにちは。NISHIです。 これ、見ました!?? まさに私の世代にドンピシャで、 30代中盤から40代にかけては 爆発的に売れるんじゃないでしょうか? ↓ 小型ファミコンだと!? http://gr …