経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

「思い出補正」を活用せよ。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

思い出補正。

つらかったあの思い出も、
甘酸っぱいあの思い出も、
時が経てば自然と自分の中で
美化されていくものです。

それが思い出補正であり、
「思い出」によって、
「補正」される
わけですよね。

何が?

記憶が、価値観が、ですね。

実際のところ、
逃げ出したくなるほどつらく、
甘酸っぱくなる前は不安しかない。

思い出のあの人も、
実際に会えば思い出ほどではない。

その辺が現実なわけですが、
どういうわけか思い出は勝手に
補正されていきます。

それだけ、人の記憶、価値観は
あいまいなものですよね。


さて、
東京出張もちょくちょくありますが、
品川経由だとたまに利用するのはこのお店。

http://grass-ex.jp/Lo30/1571

そこそこ以上に美味しくって、
「舌がカレー」な時は
つい入ることもしばしば。

行ったことある人ならわかるでしょうが、
コンセプトでちゃんと統一されています。

野菜を食べるカレーcamp。

その名前の通り、
各所がコンセプトで統一されています。

鉄のフライパンチックなお皿に
盛り付けられたカレー。

お水のおかわりはピッチャーではなく、
テーブルに置かれた水筒から。

接客、提供する店員ももちろん、
キャンプな服装。

こんな風に、
キャンプで食べるカレーを再現するよう、
各所がコンセプトにより統一されています。

むかーし、

「オマエ、コンセプトで儲かるんか?」

なんてトンチンカンな問いかけを
先輩にしていただいたことがありますが、
こういったお店に行ってみると、
その大事さって身に沁みますよね。

ちょっと想像していただくだけでも
わかるかと思いますが、
なんとなく、なんとなくですよ、
ものすごく感覚的な話ですが、

「キャンプで食べるカレーってウマい」

って、なんだか思いません?

BBQもそういう側面がありますけど、
青空のもと、みんなでワイワイ肉を焼く。

1人で静かに食べる肉よりも
1.3倍くらいはおいしく感じると思います。

つまり、

「BBQ」という「場面」が、
「焼肉」の美味しさ(価値)を
グッとひきたてるように、

「キャンプ」という場面が、
「カレー」の美味しさを
グッとひきたてるわけです。

これが、

コンセプトによる価値の補正
———————————-

です。
ただのカレーの価値を補正する。
実力以上に美味しく感じさせる。
これはコンセプトの力。

大事なので繰り返しというか、
因果関係をおさらいすると、

==
コンセプトを立てる

コンセプトを細部に表現する

コンセプトが体現される
場面がつくられる

場面が「雰囲気」をつくりだす

場面と雰囲気が思い出補正のような
価値のアシストを発生させる
==

という風になります。

「魂は細部に宿る」
って言いますけど、
これ、非常に合理的な言葉ですよね。

ちなみに、表現上こう伝えましたが、
ここのカレーは個人的にウマくて、
好きです。お店の名誉のために。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

今の時代、参入するなら導入期なワケ。

こんにちは。NISHIです。 先日は 非稼ぐ4類型セミナーをしましたが、 改めて感じるのは ニオイって大事だなと。 何のニオイか? 当然、市場が拡大するニオイ、です。 ——&# …

no image

まともな企画書を書くための3つの要点

こんにちは。NISHIです。 コンサルをしていてよく思うことが 「企画書を書けない人」って 案外が多いということ。 みなさん、意外と書けないんですね。 着想したアイデアの輪郭を明確にし、 ↓ 対象、ニ …

no image

そのデータ、使いこなせてます?

こんにちは。NISHIです。 こういう時代になってくると 非常にワクワクしてきますね。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/12121 私、個人的には野球が好きでして、 こういったデー …

no image

「3つ目の坂」にそなえよ。

こんにちは。NISHIです。 コンサルは時として クライアントに対し、 「耳の痛い事」も 伝えなければなりません。 「それはいいですね!」 「簡単にできますよ!」 「これで楽々儲かりますよ!」 なんて …

no image

フリーランスが自分の身を守るために必要な「○○意識」とは?

こんにちは。NISHIです。 先日はクライアントとの打ち合わせを 思いのほか長引かせてしまって、 「これはかなりよくないな」と反省。 久々に「らしくないこと」を してしまったわけですが、 これ、聞く人 …