経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

コンサル案件が絶えない「ちょっとしたコツ」

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

おかげさまで独立以来、
コンサルの案件は絶えず
受注出来ているわけですが、
今日はその【ちょっとしたコツ】を
お伝えしたいなと思います。

以前「コンサルタントの仕事」について
お伝えしたことがありましたよね。

まぁ、職業の定義自体が曖昧ですから、
一言で「コレ」というものは
なかったりするわけです。
いろいろやりますからね。

「職業としてのコンサルの仕事」のひとつに
「マーケティング」があります。

この「マーケティング」とやらも、
これまた言葉自体が曖昧で
もはや「死語」になりつつある言葉。
十把一絡げにどーんなんて、
もはや通用しませんから。

そんな歯切れの悪いスタートですが、
この「マーケティングとやら」において
コンサルとして大事なことは、

ノウハウを仕入れ続けること。
ノウハウを開発し続けること。

使えるノウハウ、
使えなくなったノウハウを
絶えず選別し続けること。

この【選別の作業】って
案外、忘れがちで
おろそかになりがちな基本です。

新しく旬なノウハウ。
そのニオイをライバルに先んじて嗅ぎ分け、
いち早くつかむこと。そりゃ大事です。

伸びる市場に乗り込むのは王道ですし、
そこでポジションを取れれば
何よりいいわけですから。

でもね、
旬なノウハウという
「一方」に人が集中すれば
「もう一方」が空くわけですよ。
いわゆる「逆サイド」。

「旬なノウハウ」が一方なら、
「使い古されたノウハウ」がもう一方。

旬なノウハウを押さえながらも、
この逆サイドを押さえておくことが、
コンサルとしての幅を広げてくれます。

で、大抵のコンサルは
旬なノウハウにしか飛びつきません。
と、いうことは
いつも逆サイドにある
使い古されたノウハウは、
使われることなく売れ残ります。

この「使い古されたノウハウ」を
使えるノウハウと
使えなくなったノウハウに

選別し続けること。
———————-

選別し、

Aというノウハウ、
Bというノウハウ、
Cというノウハウ、
Dという…

と、使い古されたノウハウで、
かつ、未だに使えるノウハウを
ストックし続ける。

この地味な作業の繰り返しが、
ポッと出て終わるコンサル、
長く続くコンサルの差を分ける。

ここは間違いなさそうです。

ちなみに、使い古された
売上アップノウハウの1つに
「ランキング表示」がありますが、
「こんなもの」まで
ランキングにされています。

http://grass-ex.jp/Lo30/1411

旬なノウハウの逆サイドとして紹介するのは
例として適切ではないでしょう。

ですが、
こんな指標化しにくいものまで
ランキング化されているということは、
ランキングにはなじみがあるということ。

なじみがあるということは、
モノによっては使えるということです。

ちなみに、やっぱり大阪は低いですね…。
このランキング自体はどうかと思いますが。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


  1. It’s awesome designed for me to have a web site, which is
    useful in favor of my knowledge. thanks admin

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【書評】「戦略的に出世する技術」を読んでみた。

こんにちは。NISHIです。 今日は書評でいきましょう。 コチラ、です。 == 書籍:戦略的に出世する技術 著者:加谷珪一 出版社:かんき出版 → http://grass-ex.jp/Lo30/12 …

no image

「月に10冊本をよめ」ってどうよ?

こんにちは。NISHIです。 コンサルの情報収集術ってことで、 前回は「基本的な習慣」について お話いたしました。 そこでひとつ思い出した エピソードがありますので、 今日はそれをお伝えしますね。 私 …

no image

情報の価値には3つの段階がある。

こんにちは。NISHIです。 今日は「情報の価値」についてのお話です。 コンサルの人は基本に立ち返り、 コンサルになりたい人は知っておくべきこと。 今日はそんな内容です。 ネットや雑誌によくある 著名 …

no image

【書評】「Google流資料作成術」を読んでみた。

こんにちは。NISHIです。 今日は書評を。 コチラの本ですね。 == 書籍名:「Google資料作成術」 著者名:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 翻訳:村井瑞枝 出版社:日本実業出版社 == 著 …

no image

生死を分けるキックオフミーティング。

こんにちは。NISHIです。 今日はコンサルとして 【非常に神経を使う場面】 についてお伝えしてみます。 コンサルという職業に対する 臨場感が少しでも伝われば、 と思いますね。 醍醐味の一つでもありま …