経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

コンサル案件が絶えない「ちょっとしたコツ」

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

おかげさまで独立以来、
コンサルの案件は絶えず
受注出来ているわけですが、
今日はその【ちょっとしたコツ】を
お伝えしたいなと思います。

以前「コンサルタントの仕事」について
お伝えしたことがありましたよね。

まぁ、職業の定義自体が曖昧ですから、
一言で「コレ」というものは
なかったりするわけです。
いろいろやりますからね。

「職業としてのコンサルの仕事」のひとつに
「マーケティング」があります。

この「マーケティング」とやらも、
これまた言葉自体が曖昧で
もはや「死語」になりつつある言葉。
十把一絡げにどーんなんて、
もはや通用しませんから。

そんな歯切れの悪いスタートですが、
この「マーケティングとやら」において
コンサルとして大事なことは、

ノウハウを仕入れ続けること。
ノウハウを開発し続けること。

使えるノウハウ、
使えなくなったノウハウを
絶えず選別し続けること。

この【選別の作業】って
案外、忘れがちで
おろそかになりがちな基本です。

新しく旬なノウハウ。
そのニオイをライバルに先んじて嗅ぎ分け、
いち早くつかむこと。そりゃ大事です。

伸びる市場に乗り込むのは王道ですし、
そこでポジションを取れれば
何よりいいわけですから。

でもね、
旬なノウハウという
「一方」に人が集中すれば
「もう一方」が空くわけですよ。
いわゆる「逆サイド」。

「旬なノウハウ」が一方なら、
「使い古されたノウハウ」がもう一方。

旬なノウハウを押さえながらも、
この逆サイドを押さえておくことが、
コンサルとしての幅を広げてくれます。

で、大抵のコンサルは
旬なノウハウにしか飛びつきません。
と、いうことは
いつも逆サイドにある
使い古されたノウハウは、
使われることなく売れ残ります。

この「使い古されたノウハウ」を
使えるノウハウと
使えなくなったノウハウに

選別し続けること。
———————-

選別し、

Aというノウハウ、
Bというノウハウ、
Cというノウハウ、
Dという…

と、使い古されたノウハウで、
かつ、未だに使えるノウハウを
ストックし続ける。

この地味な作業の繰り返しが、
ポッと出て終わるコンサル、
長く続くコンサルの差を分ける。

ここは間違いなさそうです。

ちなみに、使い古された
売上アップノウハウの1つに
「ランキング表示」がありますが、
「こんなもの」まで
ランキングにされています。

http://grass-ex.jp/Lo30/1411

旬なノウハウの逆サイドとして紹介するのは
例として適切ではないでしょう。

ですが、
こんな指標化しにくいものまで
ランキング化されているということは、
ランキングにはなじみがあるということ。

なじみがあるということは、
モノによっては使えるということです。

ちなみに、やっぱり大阪は低いですね…。
このランキング自体はどうかと思いますが。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

独自ルールに着目せよ。

こんにちは。NISHIです。 「一子相伝」とは、 何も北斗神拳だけの専売特許 というわけではないようです。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/12471 昨日は 「創業者と2代目の違 …

no image

開封率100%のDMとは?

こんにちは。NISHIです。 開封率100%のDM。 あなたは存在すると思いますか? 昔、チラシDM本の著者たる方が 開封率100%のDMについて 解説をされていました。 あるようです。 そのような魔 …

no image

コンサルになりたい人がまずすべきこと

こんにちは。NISHIです。 「コンサルになりたいんですけど…」 私の周りにもちょくちょくと こんな方がいらっしゃいます。 たまに相談も受けます。 面白いもので、 誰かが悩んでいることはたいてい 他の …

no image

先がないモノにこだわってない?

こんにちは。NISHIです。 先日まで3日間、 超縮小産業でも成長するポイント として3つ、ご紹介いたしました。 何かご参考になりましたかね? で、実はですね、 昨日書きながら記事を見ていると、 もう …

no image

【書評】「採るべき人 採ってはいけない人」を読んでみた。

こんにちは。NISHIです。 今日は書評をお届けします。 コチラ、いってみましょう。 == 書籍:採るべき人 採ってはいけない人 著者:奥山典昭 出版社:秀和システム → http://grass-e …