経営コンサル日誌

NISHIコンサル日誌のバックナンバーブログです。

日記

うまく身を引ける人、引き際を見誤る人。

投稿日:

こんにちは。NISHIです。

昨日のメルマガでは
DeNAベイスターズの球団経営に
触れていきましたが、
気が付けばこんなニュースが。

http://grass-ex.jp/Lo30/1381

はい。
しっかり見落としていました(汗

それにしても「潔い」ですよね。
実に潔い。
中々難しいんですよ。
「いい状態の時に身を引く」って。

プロスポーツでも、
世間的に成功した経営者でも、
自身の身の引き際は難しい。

「ここで引いた方がいいんじゃないか?」
「いや、まだいけるはず。」
「まだまだ若いのには任せられん」

きっとこんな葛藤を繰り返しながら、
ズルズルとタイミングを見誤る。
そういったパターンって多いんです。

ですので、
こちらの「元社長」の判断が
正しかったのか、間違っていたのか。
それは神のみぞ知るところで、
時間が経たないとわからないこと。
もちろん正解はありません。

とはいえ、私としてはこの判断は
「いいんじゃないか」と思うわけ。

少しこのくだりを見てみましょう。

==

僕は何事であっても
“執着”するのが嫌いなんです。
経営者として立場にあぐらを
かいてしまったり、
攻める気持ちを失ってしまってはダメ。

==

これ、まさにその通りで、

「ウチはこのやり方で
 これまでうまくやってきたんだ」

と、過去の成功体験にすがる社長って
案外多いんですよ。

コンサルに相談しに来ている社長ですら
意外とこの手の人が多い。

そういった社長に対しては、当然、
コンサルは引き受けられませんし、
仮に引き受けたとしても
成功は夢のまた夢でしょう。

それだけ、
過去の成功体験に執着すればするほど、
未来の成功を遠ざけてしまうもの。

ま、ビジネスマンも全く同じですが。

それと、
記事の続きにこんなくだりもあります。

==

僕も似たところがあって、
最近、居心地が良くなって
きてしまっている。

こうなると執着が生まれて
しまうんですよね。

はっきり言ってそうなると
面白いモノが創造できなく
なってしまうんですよ

==

居心地がよい

守りに入るつもりはなくとも
知らず知らず「やや」守りに入る

判断が遅く、鈍く、不適切になる

思うような成果が出ず、
その原因もわからない

ますます求める成果が出ない…

少し考えただけでも、
居心地のよさに浸ることのリスクは
イメージできると思います。

頭でわかっていても出来ないのが人。
このタイミングでの退任の判断が、
後々どうなるのか?

経過観察するのは興味深い題材です。
この蓄積が「ルール」になりますから。

では。

NISHI

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ルール化という、コンサルの遊び。

こんにちは。NISHIです。 昔、F総研時代に 当時の社長がこんなことを 言っていました。 「後天的に身につけるのが  可能なものと難しいものがある。  難しいものの1つは、 【ルール化能力】である。 …

no image

モデル企業特集に「欠けているモノ」は?

こんにちは。NISHIです。 今日は基本に立ち返り、 ごくごく当たり前の話を しようかと思っております。 そこでこちらの記事。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/11861 雑誌のP …

no image

人間が興味のある「3つのこと」。

こんにちは。NISHIです。 未来を予測する方法、教えます。 そう言われると、 あなたはどう思います? ほとんどの方は興味ありますよね。 誰しも「この先どうなるのか」は知りたい。 ヒトの興味の中でも普 …

no image

コンサルで●●を持ち帰ってはいけない。

こんにちは。NISHIです。 昨日のメルマガでは、 「サマリー化」を、 報告会の場面だったり、 ビジネス設計の場面等での 「ポイント」だということを お伝えしましたよね。 要約して一文にまとめる力。 …

no image

顧客を「高収益体質」にする、たった1つのコツ。

こんにちは。NISHIです。 相変わらず盤石の高収益体質。 ケーススタディとしては よい材料となる企業かと思います。 ↓ http://grass-ex.jp/Lo30/12741 製造業で営業利益5 …